桜の種類で有名なのは?開花時期と花言葉を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

日本の春の風物詩と言えば、桜。

入学式などのイメージとして、桜を思い浮かべる人も多いでしょう。

また、桜の名所と言われる場所は、春には観光スポットとしてたくさんの人が集まりますよね。

この桜には、いろいろな種類があり、それぞれ開花時期なども異なります。

今回は、桜の種類で有名なものには何があるのか、また種類ごとの開花時期や花言葉も紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


桜の種類で有名なものと開花時期は?

・ソメイヨシノ(染井吉野)

日本で桜と言えば、淡いピンク色の花をつけるソメイヨシノを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

気象庁が毎年発表している、桜の開花予想でもソメイヨシノが基準とされており、日本の鑑賞用の桜では8割ほどはソメイヨシノのため、最も有名な桜と言えます。

ソメイヨシノの開花時期は3月下旬頃から。

東北や北海道などでは、4月下旬からGW頃まで楽しめる場所もあります。

・ヤエザクラ(八重桜)

ヤエザクラは八重咲きに花を付ける桜の種類の総称で、ヤエザクラに含まれる品種はフゲンソウやカンザンなどいろいろとあります。

花びらが10~50枚ほどあるものが一般的ですが、多いものでは300枚近くになることもあり、桜の中でも一段と華やかな印象を与えるのがこのヤエザクラ。

ヤエザクラの開花時期はソメイヨシノと比べると1~2週間ほど遅く、4月初旬頃からです。

・シダレザクラ(枝垂れ桜)

細く柔らかい枝が垂れ下がる特徴的な枝ぶりの桜の総称で、ベニシダレやキヨスミシダレなどの品種があり、京都府の府花に指定されています。

開花時期はソメイヨシノより1週間ほど早く、3月下旬から4月頃です。

ちなみに八重咲きのシダレザクラとして、ヤエベニシダレという品種もあります。

・カンザクラ(寒桜)

その名のとおり、まだ寒い時期から咲き始めるのがカンザクラ。

他の桜よりも一段と早い、2月頃から見ることができ、「寒桜」は俳句では冬の季語とされています。



【スポンサードリンク】


桜の種類で花言葉も違うの?

花にはそれぞれ花言葉があります。

一般的な桜を総称した花言葉は「優美な女性」、「精神の美」です。

日本を代表する花である桜のイメージ通りの花言葉ですね。

しかし、桜には紹介したようにいろいろな種類があります。

そのため、それぞれの桜の種類によって、花言葉は異なっているのです。

種類ごとに、花言葉を見て行きましょう。

・ソメイヨシノ

「純潔」「優れた美人」「精神愛」

・ヤエザクラ

「豊かな教養」「しとやか」「善良な教育」

・シダレザクラ

「優美」「ごまかし」

・カンザクラ

「きまぐれ」

それぞれの種類によって、このような花言葉があります。

「ごまかし」や「きまぐれ」などは、一般的な桜のイメージからは少し想像できないような花言葉ではないでしょうか。

しかし、シダレザクラの艶やかなたたずまいや、カンザクラが他の桜と違い早い時期に咲くことなど、それぞれの特徴による理由があるのかもしれませんね。



【スポンサードリンク】


今回は、桜の種類や開花時期、花言葉などを紹介してきました。

紹介した以外にも桜にはいろいろな種類があり、開花時期も微妙に異なります。

時期をずらしていろいろな桜を見て、春を感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事