入学式の服装。母親のスーツやワンピースの色の注意点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

桜咲く今年の4月から我が子が晴れて小学生に♪
期待に胸ふくらむ一方、ちゃんと友達できるかしら?
勉強についていけるかしら?と今からそわそわしてしまいますね。

まずは晴れ舞台入学式。
ママもそわそわハラハラです。
なぜかって?

どんな服装がふさわしいかしら?
ママともに好印象を持たれる服装は?

と思いを巡らします。
さて、今回はそんなママのために「入学式」に好印象を持たれる服装をご紹介いたします♪



【スポンサードリンク】


何より大事なのは「品のよさ」と「清潔感」

入学式はパーティーではなく厳粛な儀式ですから
「品のよさ」と「清潔感」はとても大事です。
洋服を選ぶ際に、以下の点に注意しましょう。

①スカート丈の長さは、ほんの少し膝上のものを選びましょう。

膝小僧が半分かくれるくらい。座るとちょうど膝の少し上にスカートがくるくらい。スカートではなくパンツスタイルもよいですが、できればスカートの方が女性らしく母親らしく、印象が柔らかくなります。

②色は明るめで。

厳粛と聞いて、暗めの色(黒・紺)のスーツを選ぶのはどうでしょう?入学式は春なのです。明るく、春の花を思わせるような色を選びましょう。気持ちまでもパッと明るくなります。もちろん明るめの色が苦手な方はグレーやベージュの選択も◯です。白や黄色のワンピースにジャケットというのも春らしくてよいですね。



【スポンサードリンク】


③ストッキングはベージュで。

柄物ストッキングや色味のついたストッキングはNGです。ヌードベージュで目立たない物を選びましょう。やはりすっきり見える効果もあり、足元も美しくまとめてくれます。好印象間違いなしです。

メイクや髪型も重要!トータルコーディネートで好印象ママに!

メイクは「ナチュラルメイク」がマストです。ついつい気合いが入って、いつもよりチークを濃いめに、アイシャドウをしっかり、眉毛もきりっと、口紅は真っ赤に!!では「ケバい」「品がない」と瞬時に思われてしまいます。

またネイルもキラキラ・爪は伸び伸びというのも母親という印象から遠くなってしまいます。

それよりも日々のケアをしっかりして、肌荒れのないぷるんとした透明感のある肌に薄化粧のほうが、優しく上品なイメージとなります。普段の努力が実る時ですね!

さらに髪型ですが、美容院にいってと事前準備は怠らないはずですが、巻き髪・盛り髪・茶髪など極端なものはせっかく品のよいスーツを選んでも台無しです。流行と取り入れつつも派手すぎない、気張らない髪型にセットしましょう♪



【スポンサードリンク】


一生に一度のお子様の晴れ舞台は自分の晴れ舞台でもあります。
写真にとって一生残るものです。

門出を祝い、成長を見守る親として堂々と式に出席されることと思います。ふさわしい服装を選ぶ参考になれば幸いです。

お子様と一緒に準備から楽しんで、晴れやかな四月を迎えられますことを★★

関連記事