卒業式の髪型 小学生編。ミディアムでも編み込みは出来るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

子供の卒業式と言えば、子供にとっても親にとっても一大イベントですよね。

特に女の子の場合にはどんな服装にしようか、それに合わせて髪型は?などと、考えることもいっぱい。

ロングヘアの場合はアレンジなどもいろいろありますが、ミディアムヘアだと定番の編み込みなどもできるのか、気になりますよね。

また、特別な日だからと気合を入れすぎてあまり派手な髪型にしてしまうと、卒業式という式典にそぐわなくなってしまうことも考えられます。

そこで、卒業式の日におすすめの、小学生の髪型を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


編み込みはミディアムでもできる?

編み込みはある程度の長さがないとできない、という印象を持っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば肩くらいの長さのミディアムヘアであっても、十分編み込みをすることはできます。

もっと言えば、実はショートヘアでもOK。

髪全体を使った編み込みをするには、ある程度の長さが必要ですが、一部だけであれば長さがあまりなくても編み込みをすることはできるのです。

前髪やサイドを使ったアレンジなど、髪の長さとなりたいイメージに合わせて、編み込みを活用するといいですね。



【スポンサードリンク】


小学生の卒業式におすすめの髪型は?

・編み込みを使ったアレンジ

後ろで一つにまとめたり、二つに分けた髪を編むだけでなく、サイドのアレンジなどにも使える編み込み。

編み込みをメインにしてもOKですし、おだんごやポニーテールなど、他の髪型と組み合わせて華やかするのもおすすめです。

編み込みをメインにする場合には、一緒にリボンを編み込むなどすると、特別な感じが出て可愛らしくなりますよ。

・ポニーテール

編み込みなどが苦手という場合には、ポニーテールもおすすめ。

ポニーテールをする前に少し髪を巻いてカールをつけておくだけで、特別な日にぴったりの華やかなアレンジになります。

おくれ毛をわざと残したり、サイドでポニーテールをするなどしてアレンジするのも可愛いですね。

短めのミディアムの場合などには、ハーフアップでもOKです。

・おだんご

一つにまとめて高い位置で少しボリュームを出したり、二つに分けるなど様々なアレンジができるおだんご。

ミディアムの場合や髪の量が少ない場合には、しっかり逆毛を立ててからまとめると、少しふわふわして可愛らしくなります。

ただし、卒業式の場合には、あまり高い位置でボリュームを出しすぎると、後ろに並んでいる人の視界をさえぎってしまうこともあるので、少し控えめにしておくとよいでしょう。

・リボンヘア

女の子に人気のリボンヘア。

大きいリボンはある程度の髪の量や長さが必要なので、ロングヘアの女の子向きですし、卒業式には少し派手になってしまいます。

しかし、小さいリボンを作るリボンヘアであれば、ミディアムヘアでもリボンヘアを楽しむことができます。

サイドの髪を少し取って、小さいリボンを作ると、派手すぎないのでおすすめです。

また、少し髪の長さがある場合には、ハーフアップにした髪で小さ目のリボンを作ってもよいですね。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

小学生最後の記念でもある卒業式。

可愛らしい髪型に仕上げて、よい思い出を作りたいものですね。

関連記事