菱餅の色の順番の意味と由来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

春が近づくと、女の子のいるご家庭では、ひな祭りの準備に忙しくなりますよね。

ひな祭りにはひな人形を飾りますが、そのひな人形の傍らに菱餅が置かれているのをよく見かけます。

飾り用にプラスチックなどでできたものもあれば、実際に食べられるものも。

綺麗に重ねられた菱餅ですが、重ねる順番によって意味が異なることをご存知でしょうか。

では、菱餅の色の順番と、その意味や由来はどのようなものなのでしょうか。



【スポンサードリンク】


菱餅ってどんなもの?その由来は?

菱餅とは、3月3日のひな祭りに、ひな人形と一緒に飾られるお餅のこと。

一般的には3色のものが多く、赤、白、緑で、その名の通りひし形のお餅です。

ひな祭りはもともと、中国の上巳節という行事が元になっていると言われています。

この上巳節には、母子草という草を使った、緑色の餅を食べる習慣がありました。

これが平安時代の頃に日本にも伝わり、行事の際にお餅を食べるようになったのです。

しかし、日本では「母子草」という名前の草をついて餅にすることに対し、縁起が悪いなどの考えもあり、よもぎを使うようになったと言われています。

このように菱餅の原点は、緑色の丸い草もちでした。

その後江戸時代に入り、ひな祭りが発展する中で、菱形になり、色も増えていったのです。



【スポンサードリンク】


菱餅の色の順番と意味

最初はよもぎの緑1色だった菱餅ですが、江戸時代に入ると白い餅が加わり2色になります。

菱の実で作った白い餅と、よもぎの緑の餅。

この二つを緑、白、緑などと3段、5段などに重ねて飾るのが一般的でした。

形が丸から菱形になった理由には諸説ありますが、菱の実を使ったため、菱の実を模して菱形にしたなどとも言われています。

その強い香りで邪気を祓うと言われるよもぎと、子孫繁栄と長寿の力があるとされる菱の実を使った餅を食べ、縁起を担いだのかもしれませんね。

明治時代に入ると、この2色にクチナシの実で作った赤が入り、3色になりました。

赤は昔から魔よけの色として知られているもの。

また、クチナシで色をつけた餅はピンク色になるため、桃の花をあらわす色にもなっています。

その他、菱餅の白は雪、緑は新芽(若芽)を表すといわれており、菱餅は、重ねた順番によって表す意味が異なります。

・下から緑、白、赤の順

雪の下には新芽が芽吹いており、雪の上には桃の花が咲く

・下から白、緑、赤の順

雪の中から新芽が芽吹き、その上には桃の花が咲く

このように、菱餅の色には春の訪れを感じさせるような意味があったのです。

ちなみに、この3色に更に黄色やオレンジが加わった5色の菱餅などもあります。

この場合、黄色は月や菜の花、オレンジは太陽を表すとされていますが、地域によっては更に違った色が使われることもあるようです。



【スポンサードリンク】


菱餅は一般的には菱形で3色ですが、地域によって形や色が異なる場合も多いもの。

現在でも2色の菱餅のところもあれば、7色とカラフルな菱餅を飾ることもあります。

自分の地域ではどのような菱餅が飾られているのか、その意味や由来を調べてみるのも、ひな祭りをより楽しむ方法かもしれませんね。

関連記事