桜餅の葉は食べる?食べない?塩漬けの葉の意味や役割を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

和菓子の種類は数多くありますが、その中でも有名で人気があるのが桜餅。

塩漬けの桜の葉にくるまれたピンク色のお餅は、見た目もかわいらしく、女性にも人気ですよね。

この桜餅をくるんでいる塩漬けの桜の葉、食べる時にはどうしていますか?

お餅と一緒に食べる人や、葉は捨てて中身のお餅だけ食べるなど、人によって様々だと思います。

では、この塩漬けの桜の葉にはどんな意味や役割があるのでしょうか。

そしてそもそも桜餅の葉は食べるのか食べないのか、マナー的な面などから考察してみました。



【スポンサードリンク】


桜餅の塩漬けの葉の意味や役割とは?

桜餅は地域によって、微妙に形や名前などが異なります。

関東では長命寺という別名を持ち、小麦粉や白玉粉、餅粉などで作った生地を焼き、丸めた餡を包んだ物を桜餅と呼ぶのが一般的です。

一方、関西では道明寺という別名があり、道明寺粉を用いて作った餅で小豆を包んで作ります。

名前や形は少し違いますが、どちらも最後に塩漬けの桜の葉を巻く点は同じ。

この桜の葉は独特の香りがしますが、実はもともと桜の葉そのものにはこのような香りはありません。

桜の葉を塩漬けにすることで、香り成分のクマリンという物質が生成され、あの独特の香りが出てくるのです。

桜餅に塩漬けの葉を巻く役割の一つはこの香り。

塩漬けの葉の良い香りがすることで、桜餅を更に楽しむことができます。

そして、塩漬けの葉が巻いてあることで、お餅にも軽く塩味がつき、味のアクセントになります。

また、葉が巻いてあるとそのまま手で持って食べる際にも食べやすく、手に餅がつかないという利点があるのです。

このように、塩漬けの葉を桜餅に巻くことには、いろいろな意味や役割があります。



【スポンサードリンク】


桜餅の葉は食べる?食べない?

では、桜餅の葉は食べるのが良いのか、食べないのが良いのか、どちらかというのはあるのでしょうか。

まずマナー的に言えば、食べても食べなくても、どちらでも特に問題はありません。

基本的には好みの問題ですので、好きなようにしている人がほとんどです。

例えば道明寺などの場合、葉と餅が剥がしづらいので、外で食べる場合は綺麗に食べることを重視してそのまま食べるという人もいますし、葉を巻いたままでは切りづらいので、手で食べられないような場所では葉を剥がして食べるなど、その場に応じて変えてもOKです。

なお、塩漬けの葉に含まれるクマリンには、肝毒性があることが知られています。

そのため、あまり食べない方が良いのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、葉に含まれる量は微々たるもの。

また、クマリン自体はニンジンやみかんなどその他の食材にも含まれる成分です。

毎日桜餅を大量に食べるなどでない限り、クマリンによる肝臓への影響などは気にすることはないでしょう。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

桜餅の塩漬けの葉はいろいろと意味があって使われているもの。

葉を一緒に食べるか食べないかはその人次第で、桜餅はどのようにでも楽しむことができます。

最近ではセロファンの葉が使われている桜餅もありますが、せっかくなら塩漬けの葉が使われた、昔ながらの桜餅を楽しみたいものですね。

関連記事