小学校の入学祝いのお返しはいつ送るべき?のしは必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

子供の小学校入学というのは、成長を感じられて親にとっては嬉しいものですよね。

もちろんおめでたい事なので、親戚から小学校の入学祝いなどをいただく場合もあるでしょう。

お祝いをいただくのはありがたい事なのですが、親としてはお祝い返しはどうしようかというのは悩ましいもの。

そもそも小学校入学祝いのお返しは必要なのか、必要な場合にはいつ送ればよいのかと考えてしまいますよね。

また、お返しをする場合のしは必要なのか、その場合は何と書くべきかなども気になります。

そこで、小学校の入学祝いのお返しのマナーについて、調べてみました。



【スポンサードリンク】


小学校入学祝いのお返しはいつ?

小学校の入学祝いというのは、基本的にごく親しい間柄の人からしか贈られることはありません。

例えば子供にとっての祖父母やおじ・おばなどの近い親戚や、親のごく親しい友人などが挙げられます。

このように親しい人たちが、子供の入学をお祝いする気持ちを表すために贈るのが入学祝い。

この入学祝いは、特に小学校入学など幼い場合には親に渡されることがほとんどですが、意味としては子供に贈られるものです。

そのため、実は入学祝いのお返しというのは不要とも言われており、お返しをしなくともマナー違反ではありません。

しかし、相手との関係性や間柄によっては、お返しをしておいた方が良いケースもあります。

例えば、相手には子供がいない場合。

この場合、お互い様ということにならないため、1/3程度の金額の物をお返ししておくと良いでしょう。

また、地域や各家庭によって、お返しを行うかどうかや、金額の基準なども異なります。

基本的には地域やその親戚のルールに従いましょう。

お返しをする場合には、時期は入学式後あまり時間が経たないうちに行います。

入学式後1ヶ月以内までを目安に、お返しを贈るようにしましょう。

なお、入学祝いは入学するまでにいただくことが一般的です。

そのため、お祝い返しをする場合、お返しまでの間にかなり期間があいてしまう場合もあります。

そのため、お返しをする場合でもしない場合でも、お祝いをいただいた際のお礼状は、いただいた後すぐに送るように注意しましょう。



【スポンサードリンク】


入学祝いのお返しにはのしは必要?

入学祝いのお返しを贈るのであれば、のしはつけるようにしましょう。

入学は何度あっても良いお祝いのため、蝶結びの水引の物を使います。

のしの表書きは、水引の上側に「入学内祝」または「内祝」と書きます。

そして、下側にはお祝いをいただいた本人である、子供の名前を入れるのが一般的です。

子供の名前はフルネームでも下の名前だけでもOKですが、小学生の場合には下の名前だけにする場合が多いようです。

内祝いの場合、のしは包装紙の内側にかける「内のし」が使われることが多いため、特に地域性などがない場合は、内のしで良いでしょう。



【スポンサードリンク】


入学祝いのお返しについて、時期やマナーなどを紹介してきましたが、いかがでしたか。

お祝い事の対応というのは、地域性や各家庭でルールが異なるもの。

なるべく身近な人に確認をして、その親族の中で非常識な対応とならないように、注意したいものですね。

関連記事