香典返しのマナー。会社関係の場合の相場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

身内に不幸があった時というのは、やらなければならない事が山積みになるもの。

何度もあることではないので、漏れなく対応ができているかどうか、不安になりますよね。

例えば身内のお葬式に際し、会社関係から香典をいただいた場合などは、社会人として失礼のないように対応しなければいけません。

では、会社関係から香典をいただいた場合、香典返しはどのようにすればよいのでしょうか。

今回は、会社関係の方への香典返しについて、そのマナーや相場を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


会社関係の方への香典返しのマナーとは

会社関係で香典をいただく場合、個人名やグループ名などいろいろなケースがあります。

まずは、それぞれのケースでどのように対応するべきかを見て行きましょう。

・法人としていただいた場合

通常、会社で社員の身内などに不幸があった場合には、福利厚生費などから香典が支払われる場合が多いもの。

そのため、会社名や総務部など法人の名称で香典をいただいた場合には、香典返しの必要はありません。

ただし、小さい会社などで社長とも個人的に付き合いがあるという場合には、社長への香典返しをしたり、忌引きが空けたらお茶菓子などを持参してもよいでしょう。

・部員一同など複数の連名でいただいた場合

この場合は、部員の方からお金を募って香典としているケースが一般的です。

そのため、各個人に対して香典返しをする必要があります。

人数で割った際、個人での負担金額がそれほど多くない場合には、全員で分けられる個包装のお菓子などを渡すのが一般的です。

・個人的な付き合いとしていただいた場合

会社関係と言っても、親しくしている場合には個別に個人名で香典をいただく場合があります。

その場合は、他の人と同様、個人宛に香典返しをするのが基本です。

なお、通常、香典返しは四十九日の法要後に行うのが一般的。

しかし、会社関係の場合には四十九日まで待たなくとも、早めにお礼を兼ねて香典返しをお渡しする人が多いようです。

特に連名でのお返しなどの場合には、忌引きが終わって最初に出社した際などに、挨拶も含め香典返しをお渡ししておいた方がよいでしょう。



【スポンサードリンク】


会社関係の方への香典返しの相場は?

香典返しの相場は、会社関係、それ以外問わず、いただいた金額の1/2程度です。

地域やその家庭などによって異なる場合もありますが、基本的には1/2を目安としておけば失礼になることはないでしょう。

最近では、当日に会葬御礼として2,000~3,000円程度のお茶などを渡す習慣が定着しています。

そのため、5,000円程度の香典をいただいた場合には、既に当日にお返しが済んでいるものと考えて問題ありません。

10,000円などの金額をいただいた場合には、その差額に対して1/2程度の金額で香典返しをすればOKです。



【スポンサードリンク】


会社関係の場合、突然お休みをいただくなど、仕事で関わる方に迷惑をかける場合が多々あります。

そのため、香典返しはマナー違反とならないよう、しっかり行っておきましょう。

また、受付など当日にお手伝いをしてもらった場合などは、香典返しとは別に何らかのお礼の品をお渡ししておくと良いですね。

関連記事