送別会の記念品に商品券はあり?のしはつけるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

一緒に働いている人が異動や転勤、退職などする場合には、送別会を開いて送り出すのが一般的ですよね。

そして、その時に記念品を贈るという人も多いでしょう。

しかし、送別会の記念品とは、どういった物を渡せば良いのか、悩んでしまいますよね。

なかなか品物を選べない場合、商品券という選択肢を考える人も多いでしょう。

しかし、商品券というのは送別会の記念品としてふさわしいのでしょうか。

また、送別会の記念品にはのしをつけるべきなのか、その場合はどのようにするのかについても調べてみました。



【スポンサードリンク】


送別会の記念品に商品券はOK?

送別会の記念品というのは、送る側からの相手への気持ちを表すもの。

そのため、一般的に贈り物とされない品物や、嫌いな物など、失礼にあたるような物を選ばなければ、特に決まりなどはありません。

しかし、なるべくなら、送られる側が何か思い出に残る品物を贈るのがおすすめ。

品物の場合には、相手の趣味や好きな物などをリサーチし、それを贈るのが一番です。

商品券は自分の好きな物を買うことができるのでありがたい物ではありますが、いわゆる金券ですので、なんだか味気ないと思う人もいるかもしれません。

そこで、もし商品券を贈る場合には、何か別の品物と商品券など、組み合わせて贈るのがおすすめです。

女性であれば花束+商品券、お酒好きな男性であれば名入れのお酒+商品券にするなど、相手の好きな物と組み合わせると、贈られた相手も喜んでくれるでしょう。

また、商品券と言ってもいろいろな種類があります。

例えば、部の人で良く行った店で使えるディナーチケットや、旅行券などを選ぶのも選択肢の一つ。

定年退職などで忙しいサラリーマン生活から解放される人などには、そういった商品券を贈って、今後の楽しみにしてもらうのも良いですね。



【スポンサードリンク】


送別会の記念品にはのしは必要?

では、送別会の記念品を贈る場合、のしは必要なのでしょうか。

基本的には、送別会の記念品には、のしは必要ないとされています。

普通のプレゼントと同様に、綺麗にラッピングして、リボンなどをつけておけば良いでしょう。

しかし、定年退職される方などには、のしをつけるのが一般的です。

のしをつける場合には、表書きが必要となります。

定年退職の場合、部分には「御祝」「御定年御祝」などと記載します。

そして、下の部分は連名が一般的ですので、「○○部一同」「△△会社 社員一同」などと記載しましょう。

また、特に退職の場合などは、なるべく記念品にはメッセージをつけておきましょう。

簡単なメッセージカードでも良いので、自宅に帰ってから読めるように感謝の気持ちやねぎらいの気持ちなどをメッセージにしておこうと良いですね。

また、寄せ書きなどを用意できると、送る気持ちが伝わるので、おすすめです。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか。

送別会の記念品には特に決まりはありませんが、相手のことをしっかり考えて選ぶことが大切。

何も思いつかないから商品券にするのではなく、それを選んだ理由があれば相手も喜んでくれるはずです。

送る人たちで相談しながら、お相手に最適な記念品を選んでくださいね。

関連記事