就活ネクタイの長さのベストと調整方法。短く切っても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

就職活動が始まると、これまでしたことがなかったネクタイを初めて着用する、という人も多いでしょう。

しかし、いざネクタイを結んでみたら、なんだか長さがうまく調整できなかったり、という人もいるかもしれません。

どうしても長い場合に、短く切るのはOKなのか?と悩んでしまうことも。

そこで、就活の際にネクタイの長さはどのくらいにするのがベストなのかを調べてみました。

長い場合の調整方法についても紹介しますよ。



【スポンサードリンク】


就活のネクタイはどのくらいの長さがベスト?

ネクタイの長さは人によって若干違いますが、一般的に短いとカジュアルな印象になります。

また、逆に長すぎるとだらしなく見えてしまうので、どちらも就活向きとは言えません。

では、どのくらいの長さが良いかというと、ネクタイがベルトのバックルに少しかかるくらいがベストです。

これ以上長いとだらしなく見えたり、スーツのジャケットを着たときに下からはみ出して見えてしまう可能性があるので、この長さに調整するようにしましょう。

一般的に、販売されているネクタイにはサイズ表示というものはありません。

140~150前後のものが多く、メーカーなどによって多少の長さの違いがあります。

基本的にはネクタイの結び方で長さの調整をしますが、結び方による調整にも限度があります。

そのため、身長によってはネクタイを買うときに少し注意した方が良いでしょう。

小柄な人は140センチ前後の少し短めのもの、長身の人は145~150センチを目安に購入するのがおすすめです。



【スポンサードリンク】


ネクタイが長い場合の調整方法は?短く切るのはOK?

自分で購入するのであれば、長さを考えて購入できますが、いただきものではそういうわけにはいきません。

ネクタイが長い場合の調整方法はいくつかありますが、それらを紹介しましょう。

・結び方で調整する

普通にネクタイを結ぶと長い場合、ネクタイの結び方で調整をすることができます。

普通の結び方をプレーンノットと呼びますが、ダブルノットと呼ばれる方法で結ぶと、ネクタイの長さを少し短くすることができます。

ダブルノットは、基本的な結び方はプレーンノットと同じですが、首の部分に作る輪を二重にして結ぶ方法です。

この結び方にすることで、1回転させた分短くすることができるので、少しの長さ調整であればこれでOKです。

・小剣を長くしてパンツに入れる

大剣の部分はベルトのバックルにかかるよう、ちょうど良い長さになるように結び、長くなった小剣の部分をスーツのパンツに入れてしまいます。

小剣の部分は見えないので、この方法で調整している人も多いようです。

ただし、この調整方法の場合、ある程度小剣の長さが余っていないと動いているうちに出てきてしまうので注意しましょう。

・短く切る

長く使うネクタイですので、小剣の部分を短く切って長さ調整をするのも一つの手です。

ただし、自分で切るのではなく、購入したお店やオーダーメイドの店などできちんと処理をしてもらいましょう。



【スポンサードリンク】


就活では、第一印象によってその後が大きく左右されるもの。

ネクタイで悪い印象を与えることがないように注意したいですね。

関連記事