キャベツの栄養・効能。加熱するとビタミンが失われるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

キャベツには様々な栄養素が含まれており、キャベツを食べることで様々な効果が期待できます。

しかし、加熱すると食材に含まれるビタミンが失われてしまうという話を、聞いたことがある人もいるでしょう。

では、実際キャベツを加熱することで、ビタミンは失われてしまうのでしょうか。

キャベツに含まれる栄養や、その効能も合わせて紹介しますよ。



【スポンサードリンク】


キャベツの栄養や効能ってどんなもの?

キャベツは栄養豊富な野菜の一つであり、様々な栄養素が含まれます。

主な栄養素を挙げていくと、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンUなどです。

まずビタミンCは風邪などの病気予防になったり、肌荒れの改善をするなどの美容効果も期待できる栄養素です。

次に、ビタミンKには、血液の凝固を助ける効果があり、不足すると出血が止まらないなどの弊害があります。

さらに、ビタミンKには骨粗しょう症を予防する効能もあることが知られています。

そして、ビタミンUは別名キャベジンとも呼ばれているもので、キャベツから発見された成分です。

胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜を修復する働きがあり、胃腸薬にも配合されているほど。

厳密にはビタミンではありませんが、ビタミンの様な働きをする物質ということで、ビタミンUと名づけられています。



【スポンサードリンク】


加熱するとビタミンはなくなる?なくならない方法は?

ビタミンの中には熱に弱いものも多く、加熱することで減少してしまう可能性があるのは事実。

しかし、単に熱に弱いというだけではないため、注意して調理することで、加熱によって減少する量を最小限に抑えることもできるのです。

例えばビタミンCは水溶性ビタミンと言われ、熱にも弱いのですがそれよりも水に溶けやすいという性質を持っています。

また、ビタミンUは厳密にはビタミンではないのですが、水溶性のため同じく水に溶けやすいもの。

そのため、加熱をしなくても千切りにしたキャベツを水にさらすなどすることで、ビタミンCやビタミンUは溶け出してしまいます。

生で食べる場合には、水にさらさずに食べるのがビタミンCやビタミンUを失わせないために重要なポイントです。

そして加熱する場合には、煮たり茹でたりするよりも、短時間でさっと炒めるなどの調理法が効果的。

また、茹でるよりも電子レンジで加熱した方が、ビタミンの減少を抑えた調理ができます。

その他、スープであれば、ビタミンが溶け出した汁も一緒に飲むことができるので、溶け出すこと自体はあまり気にする必要がなくなります。

一方、残るビタミンKに関して言えば、脂溶性ビタミンであり熱には強いビタミンです。

煮たり茹でたりしても水に溶け出すことはなく、減少することがないため、調理法にはそれほど気を遣わなくても良いでしょう。



【スポンサードリンク】


キャベツに含まれるビタミンの中にも、加熱で影響があるものとないものがある、ということをおわかりいただけたでしょうか。

摂りたい栄養素によって調理方法を選択したり、他の食材も合わせて栄養を補うなどの工夫をすると効率よく栄養素が摂取できそうですね。

関連記事