重曹で掃除!スプレーで床やカーペットにかけて綺麗に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

毎日生活をしていると、いつの間にか床やカーペットが汚れてしまっていること、ありますよね。

ゴミやほこりなどであれば、掃除機をかけたり、床を水拭きすることである程度綺麗になります。

しかし、困ってしまうのが、皮脂汚れ。

足の裏から出た皮脂などが原因で、思った以上に床やカーペットは汚れているのです。

そんな時に使えるのが重曹。

そこで、重曹スプレーを使って床やカーペットの掃除を行う方法を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


重曹で掃除する方法

床の上を歩くと、どうしても足の裏から分泌される皮脂によって、床やカーペットには皮脂汚れがつきます。

家の中ではスリッパを履いているから大丈夫、と思っていても、キッチンの床などは料理中の油によって汚れてしまうもの。

キッチンから出るときに同じスリッパを履いたままでは、キッチンの油汚れが他の部屋に広がってしまうことも。

この皮脂汚れや油汚れですが、時間が経つにつれ取れにくくなり、掃除の時の悩みのタネとなります。

しかし、皮脂というのは実は酸性の成分。

そのため、アルカリ性の成分を使って掃除をすることで、汚れが落ちやすくなります。

そこで登場するのが重曹。

重曹は弱アルカリ性のため、油汚れに強く、軽く拭くだけで汚れを落とすことができる優れものです。

重曹を床やカーペットなどの掃除に使う場合には、重曹をスプレーして使うのがおすすめ。

まず、30℃くらいのぬるま湯1カップに対し、重曹を小さじ1/2程度入れ、良く溶かします。

ぬるま湯を使うのは、重曹が溶けやすくするためですが、あまり熱いお湯を使うと、分解して強アルカリ性になってしまうので、注意しましょう。

掃除をする際は、こうして作った重曹水をスプレーボトルなどに入れて使用します。

カーペットの場合、ある程度湿るくらいまで、少し多めにスプレーした後、固く絞った雑巾などで汚れをふき取りましょう。

床の場合は、少量をスプレーし、すぐに固く絞った雑巾で拭いて汚れを落としていきます。

汚れが落ちたら水拭きし、最後にしっかり乾拭きをして完了です。



【スポンサードリンク】


重曹を床やカーペットに使用する場合の注意点

とても簡単に汚れを落とすことのできる重曹での掃除ですが、注意点もあります。

まず、いきなり全体にスプレーするのではなく、最初にあまり目立たないところで試し拭きをしてみること。

床でもカーペットでも、材質によっては変色するなどの可能性もあるため、事前に確認しておくことが重要です。

ちなみにワックスやフロアコーティングなどを施しているフローリングの場合は、ワックスやコーティングを剥がしてしまう可能性があるため、重曹の使用は控えましょう。

そして、床などは擦りすぎないこと。

あまり強い力で擦ってしまうと、傷がついて、乾いた時にその部分が白く見えてしまうことがあります。

基本的には楽に拭き取れるように汚れが浮き上がってきますので、優しく拭き取るだけで十分です。



【スポンサードリンク】


重曹スプレーでの掃除は、床やカーペットだけでなく、ソファなど通常なかなか掃除のしにくい大型家具などにも使うことができます。

安全な素材で、子供やペットのいる家庭でも安心して使えるので、ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事