赤ちゃんや子供が風邪の時は風呂に入っちゃダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

赤ちゃんや子供って、風邪を引いたり熱を出すことが多いですよね。

そんな時、迷ってしまうのが風呂に入れても良いのか、ということ。

肌が汗でべたべたしているようなら、風呂に入れてすっきりさせてあげたい、と思うもの。

でも、風呂に入ったことで、万が一風邪を悪化させてしまったら・・・。

そこで、赤ちゃんや子供が風邪の時、風呂に入れるかどうかの判断をどのようにすれば良いのか、紹介しましょう。

風呂に入れる際の注意点なども合わせて紹介しますよ。



【スポンサードリンク】


赤ちゃんや子供が風邪の時の風呂は?

大人の場合、風呂に入るかどうかは、熱やだるさなど症状の重さで判断することができます。

しかし、赤ちゃんや子供は、大人と違って自分の症状をうまく訴えることができません。

そのため、赤ちゃんや子供の様子を見て、大人が適切に判断してあげる必要があります。

赤ちゃんや子供を風呂に入れるかどうかの判断基準としては、次のような点があります。

・38℃以上の熱が出ているかどうか

風呂に入ると、リラックス効果はありますが、ある程度体力を消耗するもの。

そのため、熱がある場合には、体力の消耗を避けるため、風呂は控えた方が無難です。

なお、38℃以下であっても、症状の出始めでこれから熱が上がりそうな兆候が見られる場合は注意が必要。

顔は熱いのに足が冷たいときや、寒気を訴える場合はこれから高熱が出る可能性があるので、念のため風呂はやめておきましょう。

・ぐずったり機嫌が悪い様子はないか

赤ちゃんや子供は言葉でうまく症状を伝えることができないため、具合の悪いときはぐずることが多くなります。

特に問題なく、機嫌が良い様子であれば、風呂に入っても問題ありません。

・下痢や嘔吐などの症状はないか

下痢や嘔吐などがあると、風呂に入ることで悪化する可能性が高くなります。

もし下痢でお尻が赤くなってしまったような場合には、温かくした浴室でシャワーで洗い流してあげましょう。



【スポンサードリンク】


風邪の時に風呂に入れる際の注意点

熱が低く、症状がひどい様子がなければ、風呂に入ることはOKですが、注意点があります。

まず、風呂の温度をいつもより低めに設定すること。

熱すぎる風呂は体力を消耗しますので、40度くらいのお湯にするのがポイントです。

また、長時間の入浴はこれも体力を消耗してしまうので、いつもより短めにさっと入浴する程度にしておきます。

入浴後に体を冷やしてしまわないよう、浴室や脱衣所はヒーターなどで温かくしておきましょう。

洗髪については、体を冷す可能性が高くなるため、なるべくなら控えておいた方が無難です。

風呂に入れない日が何日も続いていたり、汚れがついてしまっている場合、かゆみを訴えるときなどは、もちろん洗髪してもOKです。

ただし、その場合もさっと洗い流すようにし、風呂から上がったらすぐに乾かすようにしましょう。



【スポンサードリンク】


風邪の時にも、風呂に入ること自体は悪いことではありません。

しかし、赤ちゃんや子供は大人に比べて体力がないため、風呂に入ることで風邪のウイルスと戦うための体力が奪われてしまう可能性もあります。

症状をしっかり見極めて、しっかり判断をしてあげてくださいね。

関連記事