お風呂掃除。水垢と湯垢は重曹とクエン酸で落とそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

毎日家族で使っていると、いつの間にか汚れがついてしまっているお風呂。

きちんとお風呂掃除をしているつもりでも、水垢や湯垢などは一度ついてしまうとなかなか綺麗に取ることができません。

特に蛇口やタイルの目地など、お風呂には掃除しづらい細かい部分も多いので、しっかり汚れを取ろうとすると、1日仕事になってしまうことも。

そんな悩ましいお風呂掃除ですが、掃除の仕方によって水垢や湯垢も綺麗に落とすことができるのです。

その秘密が重曹とクエン酸。

そこで、重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除のコツを紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


お風呂掃除で落としにくい汚れとは?

お風呂は毎日のように家族全員で使用するもの。

しかも水を使うことから、家の中でも汚れやすい場所です。

では、お風呂の汚れというのは一体どういうものなのでしょうか。

お風呂では、髪や体から出る皮脂が汚れとしてつきやすいもの。

浴槽や洗面器、お風呂用の椅子など、体を洗う時に使うものなどには特につきやすく、いつのまにかぬめりが出てしまうこともあります。

また、お風呂には水垢、湯垢がどうしてもついてしまいます。

特に鏡や蛇口などにつきやすく、一度ついてしまい時間が経つと、なかなか元のように綺麗にすることができません。

この水垢、湯垢とは、水道水に含まれるカルキやミネラル成分が堆積してしまったもの。

毎日水を使い、それが蒸発することによって、水道水に含まれる成分だけが残ってしまうのです。

その他、石鹸カスなどがついてしまうこともありますね。



【スポンサードリンク】


重曹とクエン酸の使い方は?

重曹とクエン酸でお風呂掃除をする場合、汚れによって使い分けることが大切です。

まず、重曹は弱アルカリ性の成分なので、皮脂汚れなどの酸性の汚れに対して効果的。

浴槽や洗面器、椅子などは、浴槽にぬるま湯を入れて重曹を溶かしたところにしばらく漬け置きして洗うのがおすすめです。

また、排水溝のぬめりなども重曹をたっぷりかけておくだけで綺麗になります。

そして、クエン酸は酸性の成分なので、水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れに対する効果が高いもの。

鏡や蛇口などの水垢、湯垢にはクエン酸水のスプレーをしてしばらく置き、その後に擦って落とすと簡単に汚れを落とすことができます。

スプレーしただけでは取れないようなひどい汚れの場合には、キッチンペーパーにクエン酸をしみこませたものを貼り付けておきましょう。

半日くらいそのままにしておくと、汚れをしっかり落としてくれます。



【スポンサードリンク】


重曹とクエン酸を使う時の注意点は?

重曹はアルミに使うと黒ずんでしまうため、使うことができません。

その他、木でできた桶など天然素材のものに使うと変色させてしまう可能性があるため、避けた方がよいでしょう。

また、クエン酸は大理石などに使うと溶かしてしまう可能性もあるため、使用できません。

そして、クエン酸を使う場合特に注意が必要なのが、他のお風呂用の洗剤などと混ぜないこと。

アルカリ性の洗剤などと混ぜてしまうことで、有毒ガスが発生してしまう可能性があるため、必ず単独で使いましょう。

重曹とクエン酸のお風呂掃除への活用法を紹介してきました。

それぞれの特徴を理解し、上手にお風呂掃除に活用しましょう。

関連記事