花粉症にはヨーグルト!おすすめの種類と食べ方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

春や秋になると、花粉症で辛い思いをしている人も多いですよね。

簡単に治療できる方法もあまりないので、対処に苦労している人も多いでしょう。

その花粉症に効果があると言われているのがヨーグルト。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の中で、花粉症に効果があると言われているものがあるのです。

そこで、花粉症に効果があるヨーグルトについて、おすすめの種類と食べ方を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


花粉症に効果があるヨーグルトの種類とは?

スーパーやコンビニなどでは、様々な種類のヨーグルトが販売されています。

このヨーグルトですが、どんなヨーグルトでも花粉症に効果があるかというと、そういうわけではありません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはかなり多くの種類がありますが、その中で花粉症に効果的と言われているものを紹介しましょう。

・1073R-1乳酸菌

明治のR-1ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌。

インフルエンザなどにも効果があるとして知られていますが、免疫力を高める効果があるため、アレルギー対策としても効果的です。

・KW乳酸菌

小岩井 KW乳酸菌ヨーグルトなどに含まれるKW乳酸菌。

花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎など、様々なアレルギー症状を改善する効果があるとして、サプリメントなども販売されています。

・L-55乳酸菌

オハヨー乳業のヨーグルトに含まれる乳酸菌。

L-55乳酸菌の摂取によって、抗体価が低くなり、炎症物質の放出が抑えられるという研究結果が出ています。

その他にも、免疫力を高める効果のある乳酸菌は多数ありますが、特に花粉症に効果的と言われているのがこれらの乳酸菌です。



【スポンサードリンク】


花粉症に効果的なヨーグルトの食べ方は?

では、花粉症の症状を改善させるためには、これらの乳酸菌が含まれるヨーグルトをどのように摂取すればよいのでしょうか。

基本的に、花粉症に効果があるとされている乳酸菌はいろいろありますが、それらに共通しているのが腸内環境を改善したり、免疫力を高めることによって、花粉症への効果が表れるというもの。

そのため、即効性があるものではありません。

つまり、ヨーグルトを食べることで、体質そのものを改善していくというのが、ヨーグルトによる花粉症対策の一般的な方法です。

そのため、花粉症の症状が出たから食べるということではなく、症状が出る前から食べるのが基本。

また、一度に大量に食べるのではなく、毎日継続的に適量を摂りいれるようにしましょう。

そして、食べる時間帯などにも注意が必要です。

ヨーグルトを毎朝食べる人なども多いですが、その際他の物を朝食として食べた後にヨーグルトを食べるのがおすすめ。

空腹の状態で、先にヨーグルトを食べてしまうと、胃酸によって乳酸菌が減少する可能性が高くなります。

せっかくの乳酸菌が腸まで届かなければ、腸内環境の改善として意味がなくなってしまうので、空腹時ではなく食後に食べるようにしましょう。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトは花粉症対策以外にも、様々な健康効果がある食べ物。

なるべく継続して取るようにし、免疫力を高めることを目指しましょう。

関連記事