トマトジュースの健康効果。健康診断の結果は改善されるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

一般的に健康に良いイメージのある野菜ジュース。

その中でもトマトジュースは、健康的な飲み物の代表ともいえるくらいの印象がありますよね。

でも実際、体に対して具体的にどのような効果があるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、トマトジュースの健康効果と、健康診断の結果に与える影響について紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


トマトジュースの健康効果

トマトジュースには、健康に良い様々な成分が含まれています。

まず代表的な成分がリコピン。

リコピンはカロテンの1種で、赤い食べ物に多く含まれる色素です。

スイカやピンクグレープフルーツなどにも多く含まれますが、特に含有量が多いのがトマト。

トマト100gあたり、3mgのリコピンが含まれますが、トマトをそのまま食べるよりも、トマトジュースの方が効率よくリコピンを摂取できると言われており、トマトジュース1本あたりの含有量は18mgです。

このリコピンの健康効果として知られているのが、抗酸化作用。

抗酸化作用とは、体を老化させたり、病気のもととなる活性酸素の発生を抑える作用のこと。

リコピンは、同じく抗酸化作用があることが知られているビタミンEと比べると、その100倍もの抗酸化力があると言われています。

このリコピンの働きにより、トマトジュースは動脈硬化やガンの予防などの健康効果、美白・美肌などの美容効果が期待できるのです。

また、リコピンにはインスリンの機能を高める効果があることが知られており、血糖値の上昇を抑える効果もあると言われています。

そして、トマトジュースには、13-oxo-ODAというリノール酸も多く含まれます。

この13-oxo-ODAは、中性脂肪を燃やす働きを持つ成分。

中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増え、動脈硬化の原因になってしまいます。

トマトジュースを飲むことで中性脂肪を減少させる効果が期待できるため、こちらも動脈硬化の予防に役立つのです。

さらに、トマトジュースには、体内の余分な水分やナトリウムを排出する働きを持つカリウムも多く含まれています。

そのため、塩分の摂り過ぎなどを抑制する効果が期待できます。



【スポンサードリンク】


トマトジュースで健康診断の結果は改善される?

トマトジュースの健康効果を挙げてきましたが、実際その効果は健康診断の数値などに反映されるのでしょうか。

トマトジュースの効果の中で、数値に反映される可能性が高いのは、中性脂肪と血糖値。

どちらも血液検査の結果で分かる数値です。

実際に2ヶ月程度毎日トマトジュースを飲んだ人では、他の生活は何も意識していなくても中性脂肪と血糖値の数値が下がった人もいます。

1回飲んだからすぐに下がるというものではないため、継続して飲むことが重要と言えるでしょう。



【スポンサードリンク】


トマトジュースには様々な健康効果があることがわかっていただけたと思います。

しかし、トマトジュースを飲んでいるから大丈夫と、他の部分で不摂生をしていては効果も得られません。

トマトジュースはあくまで補助的なものと考えて、日ごろからバランスの良い食生活や運動をするよう心がけましょう。

関連記事