ヨーグルトパックの効果!毎日やると肌荒れやニキビ、美白に効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

女性にとって、肌荒れやニキビなどの肌トラブルは悩みの種ですよね。

肌トラブルの解消のために、時々パックをするという女性も多いはず。

パックにはいろいろな素材を利用したものがありますが、その中でも手軽に試すことができるのがヨーグルトパック。

このヨーグルトパック、実は肌荒れやニキビ、美白などにも効果があると話題なのです。

そこで、ヨーグルトパックの方法や効果、毎日行うと効果が上がるのかなどについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトパックの効果は?

ヨーグルトに含まれる成分として、最初に思いつくのは乳酸菌でしょう。

この乳酸菌には、肌を保湿する効果があります。

そのため、乾燥による肌荒れなどに効果があると言われており、乾燥が原因となるニキビなどにも効果的です。

そして、ヨーグルトには様々な栄養素が含まれていますが、中でもビタミンB群が豊富。

このビタミンB群は肌の新陳代謝を高める効果があるため、ターンオーバーが促進され、美肌効果が得られます。

また、ヨーグルトに含まれる亜鉛は、シミやそばかすを薄くする効果がある栄養素で、ニキビ薬などにも配合されている成分です。

更に、ヨーグルトパックの効果として有名なのが、ピーリング効果。

ヨーグルトにはフルーツ酸が含まれており、タンパク質を溶かす作用があります。

このたんぱく質を溶かす作用によって、古くなった角質を柔らかくして取り除くことができ、その結果、ピーリング効果を期待することができるのです。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトパックの方法は?毎日やってもOK?

このように、特に女性にとっては嬉しい効果があるヨーグルトパックですが、どのような方法で行うのが良いのでしょうか。

ヨーグルトパックの方法は、いろいろなやり方がありますが、最も簡単なのはヨーグルトだけを使う方法。

プレーンヨーグルトをそのまま、ニキビなどが気になる部分に塗り、しばらく置いてから洗い流します。

ヨーグルトだけでは、パック後に少し肌がつっぱるような感じがする、という人は、はちみつを混ぜると保湿効果が高まります。

ヨーグルト大さじ4に対し、はちみつ大さじ1を加えて使いましょう。

はちみつには殺菌作用があるため、ニキビ対策として相乗効果が得られておすすめ。

はちみつがない場合には、オリーブオイルを使っても保湿効果が得られます。

ヨーグルトの水分が多いため、小麦粉を混ぜてある程度の固さにする人もいるようですが、アレルギーなどで肌が反応してしまうこともあるため、固さの調節のためには使わない方が良いでしょう。

水分が多く、たれてしまうという場合には、コットンなどを使用するのがおすすめです。

ちなみに、このヨーグルトパック、低刺激ではありますが、毎日行うのはあまりおすすめできません。

マイルドではありますがピーリング効果があることから、毎日行うとかえって肌トラブルを起こしてしまう可能性があるのです。

人によっては毎日でも問題ないかもしれませんが、1週間に2~3日程度などにしておいた方が安心です。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトパックの様々な効果を紹介してきましたが、いかがでしたか?

市販のプレーンヨーグルトを用意しておくだけでできる手軽な方法ですので、ぜひ一度試してみてくださいね。

関連記事