ヨーグルトダイエットはプチ断食が効果的!おすすめの方法を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

ヨーグルトというと、腸内環境を整えるなどの効果があり、ダイエットにもおすすめな食べ物。

とはいえ、普通に食事をしながら、ただ闇雲にヨーグルトを食べていても、なかなかダイエット効果は現れません。

ヨーグルトをダイエットに効果的に使うには、どのような方法で取りいれるかが重要。

おすすめなのが、プチ断食にヨーグルトを取りいれる方法です。

そこで、通常のプチ断食の方法とヨーグルトによるプチ断食のダイエット効果などについて、調べてみました。



【スポンサードリンク】


プチ断食とは?

食べ物を絶つことを断食と呼びますが、それを1~2日など、ごく短期間で行うのがプチ断食。

週末や食べ過ぎてしまった翌日などに、プチ断食を行うようにしている、という人も増えてきましたよね。

このプチ断食は、1~2日などの短期間の間、一旦食べ物を絶つことで内臓をリセットするという効果があります。

その結果、プチ断食には腸内環境を整えたり、デトックス効果があると言われているのです。

プチ断食は正しい方法で行えば、脂肪を燃焼させたり、便秘解消に効果があったり、新陳代謝がアップするなど、美容と健康に効果的な方法。

通常、プチ断食では食べ物を絶ち、水などの飲み物だけで過ごすというのが一般的です。

飲み物だけで1~2日過ごした後、徐々に食事量を普通の量に戻していき、体を通常の食事に慣れさせていきます。

水分だけを取ることで、体から老廃物などが排出され、ダイエットにつながるのです。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトでのプチ断食の方法は?

紹介したように、通常は飲み物だけで行われるプチ断食ですが、ヨーグルトを使った方法も効果があると言われています。

ヨーグルトは栄養価が高い食べ物で、タンパク質やビタミン、カルシウムなど美容と健康によい成分が多数含まれています。

また、ビフィズス菌などの善玉菌により腸内環境が改善され、便秘の解消や肌の調子を整えるなどの効果が期待できるのです。

ヨーグルトでプチ断食をする場合、通常の食事の代わりにヨーグルトを食べるようにします。

1食あたり200グラム程度のヨーグルトに置き換えるのが目安。

基本的には1日目の3食と、2日目の朝食を置き換えるようにし、その後は徐々に普通の食事に戻していきます。

プチ断食にヨーグルトを使用する場合には、砂糖やフルーツなどが含まれているものでなく、プレーンなヨーグルトを選ぶようにしましょう。

しかし、どうしても食べにくいという場合には、はちみつを少量加えると食べやすくなります。

そして、大切なのはヨーグルトだけでなく、水分もしっかりと取るように心がけること。

プチ断食の際には、1日に2リットル以上の水分を取るようにしましょう。



【スポンサードリンク】


ヨーグルトによるプチ断食は、飲み物だけでなくヨーグルトという食べ物を食べることができるため、満足度が高いのが特徴です。

そのため、飲み物だけで行う通常のプチ断食よりも、成功しやすいと言われています。

普通にヨーグルトを食べるだけでなく、水切りヨーグルトにしてチーズのような固めの食感を楽しんだり、ホットヨーグルトにするなど、目先を変えてみると続きやすいかもしれませんね。

関連記事