ヨーグルトの賞味期限は切れても大丈夫?未開封の場合の活用方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜

乳酸菌などが含まれており、健康に良いと言われているヨーグルト。

健康のために毎朝ヨーグルトを食べるのを日課にしている、という人もいますよね。

しかし、毎日食べるからと、安い時にまとめ買いをしておいたら、ついつい忘れて賞味期限切れに・・・なんてこともあるのではないでしょうか。

賞味期限切れになってしまったからと言っても、未開封の場合だと捨てるのももったいないし、なんとか活用したいですよね。

そこで、賞味期限切れのヨーグルトの活用方法を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


賞味期限切れのヨーグルト、食べても大丈夫?

そもそも賞味期限というのは、その食品を美味しく食べられる期間を表示しているもの。

メーカー側もギリギリの期間ではなく少し余分めに見て期限を設定しているので、絶対に過ぎてはいけないというものではありません。

ではいつまで大丈夫かというと、それはその商品によって異なります。

例えば、砂糖や果物など、ヨーグルト以外の食材が含まれている場合は、なるべく賞味期限を守って食べた方が安全です。

しかし、ヨーグルトのみの商品の場合、比較的腐りにくいため、賞味期限から1週間程度であれば過ぎても大丈夫と言われています。

もちろん、保存状態や体調、個人差もありますので、基本的には賞味期限を守った方が良いでしょう。

また、期限を過ぎて食べる前には匂いや状態などを確認し、異常があると感じたら避けておいた方が無難です。

そして、気をつけたいのは、賞味期限を過ぎてからでもOKなのは未開封のものだけ。

開封されたものは、開封後1~2日を目処に食べてしまうのが基本です。

開封すると雑菌が繁殖しやすくなるため、注意しましょう。



【スポンサードリンク】


賞味期限切れのヨーグルトの活用法

賞味期限切れのヨーグルトですが、1~2日程度であればそのまま食べてしまっても問題はありません。

しかし、日が経ってしまうと、そのまま食べるのは少し心配ですよね。

その場合には、他の料理に使うなどして活用することができます。

・カレーの隠し味として使う

カレーを作る際に、ヨーグルトを隠し味として入れると、コクが出てまろやかになります。

ただし、あくまでも隠し味なので、スプーン1~2杯ほどにするのが基本。

大量に入れると、酸味が出てしまうので、味見をしながら使ってみてください。

・パンケーキなどの材料に使う

パンケーキを作る際、ヨーグルトを入れることで、カロリー控えめのパンケーキができます。

大量には使えませんが、お子さんがいるご家庭などでは、朝食やおやつなどを作るときに活用できそうですね。

・パックに使う

ヨーグルトパックは美肌効果があり、ニキビを抑制する作用もあるため、エステなどでも行われています。

まだ食べられるものだともったいない気もしますが、賞味期限切れのものであれば、遠慮なくたっぷり使えそうですね。

新陳代謝を促進する効果もあるため、顔だけでなく体に使ってもOKです。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか。

ヨーグルトは比較的腐りにくい食品ではありますが、なるべく賞味期限は守って食べたいもの。

もし賞味期限切れになってしまった場合は、今回紹介したような活用方法を参考にしてみてくださいね。

関連記事