ボールペンのインクが出ない!新品を捨てる前に試すべき復活法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャーペン

さて、文字を書こう!
ボールペンを手に取ったあなた。

・・・。
・・・。

むむむ!!!!

いくら書いても書いてもインクがでない。
不良品だった。くやしいっ。
とそのままゴミ箱に捨ててはいませんか?

ちょっとお待ちください。
捨てる前に次のことを試してみてはいかがでしょう。
インクが出ないのには色々な理由があるのです。
さて、今回は出ないインクを復活させる方法を場合別にみていきましょう。



【スポンサードリンク】


インクが出ない主な原因

1、ペン先に何かつまってしまった場合
2、インクがない場合
3、書いてもうまくボールがまわっていない場合

他にもありますがこの3つを解決するにはどうしたらよいでしょう。
まず1、ペン先につまった場合。

これは書き癖にもよりますし、年季が入っているものだと
復活が難しい場合があります。
書いている紙の繊維がペン先につまってしまったり
インクが固まってしまった場合が考えられます。

繊維が詰まると修理は難しいですが
インクが固まった場合には、お湯につける、振るなどの処置があります。
また有効な方法は、ティッシュに軽く何度かなぞるのがおすすめです。
ティッシュは凹凸があるため、
ボールペンのボールの回転を促し、インクを流しだす効果があります。
ペン先が曲がってしまったりしていない限り
ぜひ試していただきたい方法です。



【スポンサードリンク】


2、インクがない場合
インクが出ないのには意外とインクがないということがあります。
目に見えなければねじをとって分解し、芯を見てみましょう。
多くのペンは芯の交換が可能です。
ペンのキャップなどが壊れていなければ
芯をかえてより長く使うようにしましょう!
ものは大切に!ですね。

3、書いてもボールがまわらない場合

先ほどの繊維ではなくインクが固まっている場合があります。
ティッシュで軽くペン先を拭い、お湯につけ
また軽く拭ってから
静かに円を書いてみましょう。
ペン先が歪んでいなければ
復活も期待できます。



【スポンサードリンク】


いかがでしょうか。
いずれにしてもペンが書けないっていうのは
イライラしてしまうものですね。
それはある意味現代病かもしれません。
ひと呼吸して、どこまで使えるかぜひお試しください。
そのペンはお気に入りの一本になるかもしれませんから。

関連記事