牛乳の賞味期限。未開封なら一週間過ぎても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牛乳

栄養価が高く、料理などにも使いやすい牛乳。

しかし、買ってみたものの、気づいたら未開封のまま、賞味期限がかなり過ぎていた、という事もままありますよね。

開封済みの場合、賞味期限が切れた牛乳を飲むのは注意が必要ですが、では未開封の場合はどうなのでしょうか。

例えば、一週間程度賞味期限が過ぎてしまった場合でも、大丈夫なのでしょうか。

未開封で賞味期限が切れた場合の判断の仕方や、賞味期限切れの牛乳の活用方法などを紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


未開封の牛乳の賞味期限が切れても大丈夫?

もともと賞味期限とは、未開封の食料品において、美味しく安全に食べられる期限を記したもの。

開封した後の期限ではなく、未開封の食品に対する期限のため、未開封であっても、賞味期限内に消費することが基本です。

とはいえ、この賞味期限というのは、ギリギリの期限が記載されているわけではありません。

厚生労働省と農林水産省から設定されている、食品期限表示の設定のためのガイドラインにおいては、品質試験などの結果で得られた保存期限に対して、一定の安全係数をかけて賞味期限を設定することが定められています。

この安全係数は1未満であることが決められているだけで、決まった数値があるわけではありませんが、品質試験の結果で出た期限は、表示されている賞味期限よりも長いことが分かりますよね。

どのくらい賞味期限が過ぎても大丈夫か、という点については、商品の種類やその保存状態などにもよるため、確実なことは言えません。

そのため、基本的には牛乳の状態を見て、大丈夫かどうかを判断することになります。

見た目や匂いなどに異常がないかを確認して、使うようにしましょう。



【スポンサードリンク】


賞味期限が過ぎた牛乳の活用方法は?

賞味期限が1週間以上過ぎてしまった場合、見た目や匂いに異常がなくても、そのまま飲むのは少しためらわれるという人もいるでしょう。

その場合には、加熱してから飲むというのが基本です。

70℃程度の温度で時間をかけてゆっくり加熱することで、殺菌になります。

そのままホットミルクとして飲んでもOKですが、それだけではなかなか未開封のまま期限が切れてしまった牛乳を、大量に消費することはできません。

そのため、おすすめなのはホワイトソースや、コーンスープなどの料理に使用すること。

料理であれば、ある程度の量を使用するため、未開封のまま残ってしまった牛乳の消費も簡単です。

多すぎてすぐに使用できない場合には、作ったホワイトソースをそのまま冷凍しても良いですね。



【スポンサードリンク】


未開封の牛乳の場合、賞味期限は少しくらい切れてしまっても、問題ない場合がほとんどです。

しかし、なるべくなら賞味期限内に飲むようにした方が良いでしょう。

もし、未開封のまま賞味期限が過ぎてしまいそうな場合には、あらかじめホワイトソースやスープなどにしてしまうか、冷凍保存してもOK。

製氷皿などに入れて冷凍しておくと、小分けにして使えるので便利です。

冷凍すると、解凍時に多少風味は落ちますが、1ヶ月程度保存することができるので、すぐに使えない場合には、試してみてくださいね。

関連記事