アイスに賞味期限が無いのはなぜ?1年前のアイスでも食べられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイス2

夏になるとアイスを買いだめするという人も多いですよね。

でも少し暑さが和らいだりして食べない間に、そのまま忘れて冷凍庫に入りっぱなしになってしまった、ということも。

1年前のアイスが発掘されてしまった、なんてこともあるかもしれません。

でもこのアイス、賞味期限を確認しようとすると、実は表示がないのです。

ではアイスにはなぜ賞味期限が無いのでしょうか。

アイスに賞味期限が無いのはなぜ?

通常、食品には賞味期限または消費期限の記載があります。

しかし、アイスには賞味期限の記載がありません。

これは、加工食品品質表示基準などにより、「アイスクリーム類にあっては、期限及びその保存方法を省略することができる」と定められているため。

日本だけでなく、世界的にアイスの賞味期限表示は省略できることが定められています。

アイスは通常、-18℃以下という冷凍状態で保存します。

この状態が適正に維持されていれば、微生物や菌などの増殖が起こることもなく、品質劣化がほとんど起こらないため、安定している食品ということで、賞味期限を設定する必要がないのです。

1年前のアイスでも食べられるの?

賞味期限がない、ということはいつのアイスでも食べられる、ということなのでしょうか。

例えば1年前のアイスでも大丈夫なのかというと、体に悪影響があるような変化はありません。

しかし、保存状態によっては美味しく食べられない可能性があるのです。

例えば夏の間、冷凍庫の開け閉めの頻度が高くなることがありますが、それにより通常の温度よりも冷凍庫の温度が上がってしまう可能性があります。

そうなると、適切な温度状態での保存ができず、アイスの表面が一旦溶けて再度固まったりすることで風味が落ちてしまうこともあるのです。

そのため、古いアイスが見つかった場合には、見た目に変化がないかなどを確認してみましょう。

パッケージに霜がたくさんついていたり、アイスの表面がシャリシャリしている場合などは、風味が落ちてしまい、本来の美味しさが味わえない可能性があります。

また、一度溶けてしまったアイスについても同様。

固めて食べることはできますが、本来の味わいとは違うものになってしまいます。

アイスを販売しているメーカーの見解を見てみると、基本的には購入後あまり時間をおかずに食べることをおすすめしています。

アイスの上手な保存方法は?

では、家庭でアイスを上手に保存するには、どういう点に注意すればよいのでしょうか。

まずは、温度管理に気を付けること。

アイスは-18℃以下で保存することを前提に作られています。

そのため、庫内の温度が上がらないよう、扉の開閉をなるべく少なくするのがポイント。

また、冷凍庫に物を入れすぎると、庫内の冷気の循環が妨げられ、温度上昇の原因になってしまうのでNGです。

そして、アイスは匂いがついて風味が損なわれやすいため、ビニールやラップなどで包んでから保存すると良いでしょう。

アイスに賞味期限がないのは、品質が変わりにくいから。

しかし、上手に保存をしないと、せっかくの風味が損なわれてしまいます。

保存方法に注意して、美味しいアイスを楽しみましょう。

関連記事