牛乳の放射能汚染が心配!基準値を満たしていれば安全なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牛乳2

牛乳は栄養価の高い飲み物の一つで、保育園や学校給食などでも取りいれられていますよね。

しかし、子供が飲むものとなると、特に安全性が気になるもの。

特に東日本大震災での原発事故以降は、食品の放射能汚染が注目されています。

では、牛乳の放射能汚染は大丈夫なのでしょうか。

出荷される牛乳についてはもちろん検査がされているものですが、基準値を満たしていれば安全なのかなど、考え出すと心配ですよね。

そこで、実際牛乳の放射能汚染は大丈夫なのか、またその基準値などについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


牛乳の放射能汚染は?

牛乳が放射能汚染される原因としては、その原料である生乳が放射能汚染されることに他なりません。

この生乳が放射能汚染されるとすれば、その生乳を産出する牛が放射能汚染されていることになります。

そのため、牛乳が放射能汚染されないよう、各地の酪農家では、乳牛が摂取する餌などの管理を行っています。

例えば、原発事故以降、東北、関東の計8県で生産される飼料などは使用を自粛することとなっており、流通することはありません。

大気中や水から放射性物質を取り込む危険性もありますが、現在酪農を営むことが可能である地域では、空気中や水による汚染の可能性はほぼないと考えられるため、餌の管理に力を入れている状況です。

また、生乳自体のモニタリング検査も定期的に実際されており、この段階で基準値を超えた場合にはその生乳は廃棄されます。

牛乳は生産地が記載されていない商品では、様々な地域で生産された牛乳を混ぜて使用していることが多い商品です。

そのため、牛乳の放射能汚染に対する恐怖心などから、基準値を超えた生乳を問題ない地域の物と混ぜて基準値以下になるよう調整している、などという噂話が出たこともあります。

しかし、生乳の段階で基準値を超えていた物は排除されますので、そのようなことはありません。

このように、牛乳の放射能汚染については、製造段階において適切な管理が行われているのです。



【スポンサードリンク】


基準値以下であれば安全なの?

では、そもそも牛乳の放射性物質の値は、日本で決められている基準値以下であれば安全なのでしょうか。

日本における食品の基準値というのは、厚生労働省によって設定されている数値です。

この数値は、国際放射線防護委員会によって提案された放射線レベルや、食品安全委員会によって提唱されている「食品中に含まれる放射性物質の食品健康影響評価」に基づいて定められています。

基準値は、食品などの種類ごとに決められていますが、その総量が年間線量の上限である1ミリシーベルトを超えないように設定されています。

そして、その中でも牛乳は子供が日常的に飲むことが多い飲料のため、他に流通する食品が全て放射能汚染されていた場合でも、問題がない数値を基準値として設定しているのです。

そのため、十分安全性を考慮した数値が設定されていると考えてよいでしょう。



【スポンサードリンク】


放射能汚染に関しては目に見えない分、心配になる点が多いもの。

不安な場合には、検査値なども公表されているため、そういった資料を確認してみると良いでしょう。

関連記事