風邪薬ランキング!市販で「喉・咳 鼻水 熱」におすすめなのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬

風邪を引いてしまったけれども、仕事や学校を休むわけにはいかない…!
そんな時に頼りになるのが風邪薬。

風邪薬は風邪そのものを直接治す効果があるわけではありませんが、困っている症状をすぐに抑えることが出来ます。
病院にかからなくてもコンビニやドラッグストアで市販の風邪薬をお手軽に購入できるのも有難いですね。

最近では症状に合わせて色々な風邪薬が市販されていますが、かえってどれが一番おすすめなのか分かりにくくなっています。

そこで風邪の主な症状、「喉・咳」「鼻」「熱」毎におすすめの風邪薬をご紹介します!



【スポンサードリンク】


風邪薬ランキング!市販で咳や喉の痛みにおすすめなのはコレ!

1位 ルルアタックEX

風邪を引いた時に出る咳や喉の痛みの原因や咳の原因となるのは喉の炎症です。

ルルアタックEXは喉の炎症を抑える「トラネキサム酸」「イブプロフェン」が中心に配合されています。

痰を出しやすくする成分「ブロムヘキシン塩酸塩」も含まれているので、咳の原因の一つともなっている痰を喉に貯めこまずに済みます。

更に「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」で気管支を広げたり、「ジヒドロコデインリン酸塩」でせき中枢に働きかけたりすることで、咳を根本から抑えることが出来ます。

正に咳や喉の痛みに特化した風邪薬と言えますね!

風邪で消耗した体力を回復させるためのビタミンB群も含まれているので、喉に特化しつつも身体が風邪を治そうとする働きをサポートしてくれます。

ところがこのルルアタックEXにも二つ、欠点があります。

一つは15歳未満は服用できないことです。
ルルアタックEXは良く効く風邪薬ですが、15歳未満が服用すると脳炎になる可能性があります。
15歳未満の方は、添付文書を守って服用しないようにして下さい。

もう一つは、服用するととても眠くなることです。
ルルアタックEXには「クレマスチンフマル酸塩」という、鼻水やくしゃみを抑える成分が含まれています。
ところが「クレマスチンフマル酸塩」には副作用として強い眠気を引き起こします。

「クレマスチンフマル酸塩」の副作用には個人差がありますが、強い眠気を引き起こして勤務中に眠ってしまう方もいます。

どうしても居眠りしてはまずい状況の場合には、カフェイン入りの他の風邪薬を選択するようにしましょう。

第2位 ペラックT錠

ルルアタックEXの欠点をカバーしつつ、咳や喉の痛みに特化した風邪薬が「ペラックT錠」です。

ルルアタックEXにも含まれていた「トラネキサム酸」に加えて、「カンゾウ乾燥エキス」という生薬で喉の炎症やアレルギーを抑えてくれます。

「ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)」「リボフラビン(ビタミンB2)」「L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンCナトリウム)」等のビタミン類も含まれているので、喉の粘膜の機能を正常化してくれます。

ペラックT錠の売りは、風邪薬に良く含まれている眠気成分、抗ヒスタミン剤が含まれていないことです。

風邪の症状は抑えたいけれども、どうしても眠ってはいけない!
というときにおすすめです。

更にペラックT錠は7歳から服用することが出来ます。
ルルアタックEXが服用できない15歳未満の方は、ペラックT錠を服用してみましょう。

ペラックT錠はルルアタックEXと比べると効き目はマイルドですが、欠点の少ない優秀な風邪薬ですね!



【スポンサードリンク】


風邪薬ランキング!市販で鼻水や鼻づまりにおすすめなのはコレ!

1位 コンタックR 600プラス

風邪の中でも、鼻水はとくに辛い症状ですね。
人前に出るときは特に抑えたい症状の一つです。

そんなくしゃみや鼻水に特化した風邪薬がコンタックR 600プラスです。
「塩酸プソイドエフェドリン」が鼻粘膜の充血や腫れを抑えて、鼻水や鼻づまりを改善してくれます。

「ペラドナン総アルカロイド」がくしゃみの原因となるアレルギー症状を緩和させてくれます。

風邪による鼻づまりだけでなく、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状も抑えることが出来ます。

更に鼻づまりといったら気になるのが眠気。
鼻が詰まっていると、つい頭がぼーっとして眠くなってしまいます。
コンタックR 600プラスには無水カフェインが含まれているので、風邪を引いている時の眠気や倦怠感の対策も完璧です。

コンタックR 600プラスは持続性がとても高く、服用は1日2回で済みます。
会社や学校に通いながらでも飲みやすくてありがたいですね!

「コンタックR 600プラス」は鼻水や鼻づまりに特化しつつ、日常生活の助けにもなる風邪薬と言えるでしょう!

2位 カコナール2

鼻風邪は症状が重くなってくると、鼻づまりがくるしくなってきますね。
鼻水の量も増えて、常に鼻周りを綺麗にしておくのも難しくなってきます。

なるべくなら早い段階でなんとかしたいものです。

カコナール2は風邪の効き始めに良く効くのが特徴です。

カコナール2に含まれる葛根湯は病院でも処方される漢方です。
葛根湯製材にはいろいろありますが、中でもカコナール2は葛根湯が満量含まれているのがポイントです。

西洋薬に比べると身体にやさしく、眠くならないので、日常生活に支障をきたさない点においても安心ですね!

最近鼻水がちょっと…と気になりだしたら、酷くなる前にカコナール2を飲んでおきましょう。

風邪薬ランキング!市販で熱や寒気、頭痛におすすめなのはコレ!

1位 ベンザブロック IPプラス

熱や寒気、頭痛に良く効く風邪薬はベンザブロック IPプラスです。

ベンザブロック IPプラスの特徴は有効成分の含有量の多さです。

発熱や寒気、頭痛を改善する成分として「イブプロフェン」「アセトアミノフェン」が含まれています。

中でも「イブプロフェン」は他社類似品では150mg程度の含有量なのに対し、ベンザブロック IPプラスには360mgも含まれています。

熱や寒気、頭痛に良く効くのが一目瞭然ですね!

更に無水カフェインも含まれているので、頭痛や倦怠感も解消されます。

その他咳や鼻づまりに効果的な成分も含まれているので、ベンザブロック IPプラス一つでばっちりです。

風邪の時に消耗しやすいビタミンCも500mg含まれているので、ただ風邪の症状を抑えるだけでなく、身体の回復の補助にもなります。

特に発熱や寒気、頭痛が酷い時にはベンザブロック IPプラスがおすすめですね!

2位 カコナール2

鼻づまりに効果のあるカコナール2。
実は、風邪の引きはじめにでる熱や寒気、倦怠感にも効果があります。

特に発熱は命に係わる可能性もあるので、酷くなる前に対処する必要があります。

風邪の症状が酷くなる前に、カコナール2を飲んで免疫力の低下を防ぎたいところですね!



【スポンサードリンク】


以上、風邪薬ランキングでした!
風邪薬一つとっても、実は製品によって成分は全く違うものです。

自分の症状に合わせて、しっかりと製品の成分をチェックした上で風邪薬を選びましょう。

そしてなによりも大事なのが、しっかりと栄養をとってしっかりと休むこと。

風邪薬は症状を抑えることはできますが、残念ながら風邪を治すことはできません。

必要以上に風邪薬に頼らずに済むよう、風邪の引きはじめの段階で免疫力を低下させないようしっかりと休息をとるようにしましょう。

こちらの記事も参考にして下さい。
のど飴ランキング
眠くならない風邪薬

少しでもお役に立てば幸いです。

関連記事