コーラは太る!カロリーゼロでもダイエット中はダメなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーラ

ダイエット中には、口にするものは食べ物だけでなく、飲み物にも気を付けたいものですよね。

特にコーラなどは糖分が多いというイメージもあり、注意したい飲み物。

最近では、カロリーゼロのコーラも多く販売されていますが、実際のところカロリーゼロのコーラでも太るのでしょうか。

ダイエット中にカロリーゼロのコーラはOKなのか、飲む場合の注意点についても調べてみました。



【スポンサードリンク】


コーラは太るの?

そもそも普通のコーラが太りやすいというのは事実なのでしょうか。

コーラのカロリーは100mlあたり45kcal。

100mlあたりでいくとそれほどカロリーが多いとは感じませんが、よくある500mlペットボトルでは、225kcal。

これはお茶碗1杯分のごはんと同じカロリーになります。

ごはん1杯分の量と同じと考えると、飲み物としてはかなりカロリーが高い、というイメージですよね。

そして、コーラに含まれる糖分の量はかなり多く、500mlのペットボトルで約65g。

角砂糖で表すと、15個分以上の糖分が含まれていることになります。

成人の場合、1日に必要な糖分の量は約150g程度。

つまり、コーラペットボトル1本を飲むことで、1日に必要な糖分の3分の1以上を取っていることになるのです。

この量を飲み物で取ってしまうとなると、やはりコーラは太りやすい飲み物と考えた方が良さそうですね。



【スポンサードリンク】


ダイエット中はカロリーゼロもダメ?

では、最近いろいろな種類が販売されている、カロリーゼロのコーラもダメなのでしょうか。

実は、カロリーゼロのコーラというのは、本当に全くカロリーがないかというと、そういうわけではありません。

カロリーゼロという表記は、100mlあたり5kcal未満であれば表示することができます。

そのため、500mlのペットボトルでは最大24kcal程度のカロリーである可能性があるのです。

とはいえ、カロリーだけで言えば、500mlの量で24kcal程度であればそれほど問題にはなりません。

ダイエット中にカロリーゼロのコーラを飲む事の危険性としては、人工甘味料の問題があります。

カロリーゼロのコーラには、砂糖を使わずに甘味を感じさせるため、人工甘味料が使われているもの。

この人工甘味料の影響として、食欲を増進させたり、満足感を感じる脳の細胞に損傷が出る可能性があるという説もあります。

その結果、その他の食べ物の吸収率などに影響を与え、結果的に太りやすい体になってしまうこともあるというのです。

このような人工甘味料の影響は、確立された説ではありませんが、まだ歴史の新しい人工甘味料では、起こりうる影響と言えます。

そのため、カロリーゼロのコーラと言えども、ダイエットを考えるのであれば、控えておいた方が良いでしょう。



【スポンサードリンク】


コーラの太りやすさや、カロリーゼロコーラの影響を紹介してきましたが、いかがでしたか。

どんな飲料であっても、飲み過ぎてしまうと体に良い影響は与えません。

逆に言えば人工甘味料を使ったカロリーゼロのコーラであっても、毎日飲むなどをしなければ、体への影響はほとんどないでしょう。

基本的にはバランスのよい食生活を心がけるように注意しましょう。

関連記事