便秘にヨーグルトがおすすめ!種類はダノンbioがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨーグルト

お腹が張ったり、痛みが出たりしてすっきりしない便秘。

便秘になると、腸が重い感じがするだけでなく、肌荒れなどになってしまうこともあり、辛いですよね。

特に女性には便秘に悩む人が多いので、便秘に効くと言われる物はなんでも試してみたい、という人もいるでしょう。

便秘に良いと言われている食べ物の一つとしては、ヨーグルトがありますよね。

ヨーグルトにもいろいろな種類がありますが、どんなヨーグルトでも良いかというと、そういうわけではありません。

便秘におすすめのヨーグルトとしてはダノンbioなどが挙げられます。

では、便秘になってしまう原因と、便秘解消におすすめのヨーグルトの種類などについて、調べてみました。



【スポンサードリンク】


便秘にはヨーグルトが効く?

そもそも、便秘になってしまう原因というのは、一体何なのでしょうか。

実は便秘の原因は一つではなく、人によっていろいろな要因が考えられます。

よく知られている原因としては、腸内環境の悪化によるもの。

腸内の善玉菌が少なくなり、悪玉菌が多い状態になると、便秘になってしまいます。

それ以外にも、食物繊維の不足や水分・油分の不足、ストレスや運動不足など様々な原因があるのです。

そのため、どんな原因で便秘になっているかによって、ヨーグルトが効果的かどうかは変わります。

ヨーグルトには腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすという効果があり、腸内環境の改善には効果的な食べ物。

つまり基本的に、ヨーグルトが効果的なのは腸内環境が悪化していることによる便秘です。

とはいえ、他の原因の便秘であっても、それによって腸内環境が悪化している場合には、効果が出る可能性もあります。



【スポンサードリンク】


便秘におすすめのヨーグルトの種類は?

便秘にヨーグルトがおすすめと言っても、どんなヨーグルトでもいいというわけではありません。

便秘におすすめのヨーグルトとは、どんな種類でしょうか。

ヨーグルトには、ビフィズス菌が含まれている事が、よく知られていますよね。

でもこのビフィズス菌にも、いろいろと種類があります。

まず、便秘解消のためにヨーグルトを食べる場合、気を付けたいのは生きて腸まで届くビフィズス菌が含まれていること。

ビフィズス菌は、もともと胃酸や胆汁酸に弱く、生きて腸まで届くことは少ない菌。

しかし、近年は生きて腸まで届くよう工夫された商品が多数販売されています。

ビフィズス菌が腸に届いたとき、たとえ死んでしまっていてもムダということはないのですが、生きていればそれに越したことはありません。

そのため、まずは生きて腸まで届くことを謳っているヨーグルトを試してみましょう。

人によって、ヨーグルトの種類も合う、合わないがありますが、その中でもおすすめなのはダノンbio。

ダノンbioには、高生存ビフィズス菌であるBE80菌を中心に5種類の菌が含まれています。

このBE80菌は、胃や腸を通過しても、ほとんど減少することがない、生存率の高い菌。

そのため、腸内環境の改善に、高い効果が期待できるのです。

便秘対策に効果的なヨーグルトの食べ方

便秘を改善する効果の高いダノンbio。

しかし、その効果を最大限にするためには、食べ方にも注意が必要です。

ビフィズス菌は、一度食べたからと言って、すぐに善玉菌を増やすなどの効果があるわけではありません。

その効果を得るためには、毎日継続して食べることが必要です。

毎日継続することで、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果がみられるのです。

そして、食べる時間はなるべく夜がおすすめ。

ヨーグルトと言うと、朝食べるという印象が強い人が多いかもしれません。

もちろん朝でも効果は得られるのですが、夜の方が更に効果が高いと言われています。

これは、夜寝ている間には、消化吸収活動が活発に行われることが理由。

夜にヨーグルトを食べることで、より腸内環境が整いやすくなるという効果があります。

夜と言っても、寝る直前などではなく、夕食後少し時間が経ってからがおすすめです。

ビフィズス菌は、上でも説明したとおり、基本的に胃酸に弱いもの。

空腹時に食べると胃酸が多く分泌されるため、ビフィズス菌が死滅しやすくなってしまいます。

ダノンbioには高生存ビフィズス菌が含まれていますが、やはりなるべくなら生存しやすい環境で食べるのが一番です。

夕食後、夜寝る2~3時間前を目安に、毎日ヨーグルトを食べるようにしましょう。

そして、効果を高めるためには、果物とはちみつを加えるのがおすすめ。

果物の水溶性食物繊維とはちみつのオリゴ糖により、便秘への効果が高くなります。

ダノンbioの場合、様々なフルーツ入りの商品も販売されているので、そういった物を活用しても良いですね。



【スポンサードリンク】


今回は、ヨーグルトの便秘への効果を紹介してきました。

ヨーグルトは便秘への効果が期待できる食品ではありますが、便秘の原因は一つではありません。

根本的な原因をなくして便秘対策ができるよう、ヨーグルトを食べるだけでなく、運動不足やストレス、その他の食生活の見直しなども一緒に行うようにしていきましょう。

関連記事