そうめんの賞味期限ってどのくらい?開封後や茹でた後は注意すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そうめん

夏になると欠かせないのが冷たい麺類。

中でもそうめんは、夏休みのお昼ごはんの定番とも言えますよね。

このそうめん、大量に買ってあるという家庭もあると思いますが、夏の終わり頃になると余ってしまうことも。

そこで気になるのが賞味期限。

そもそもそうめんの賞味期限というのは、どのくらいなのでしょうか。

そして、開封後のそうめんや茹でた後のそうめんの保存方法や、食べる時の注意点などについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


そうめんの賞味期限は?

そうめんは、基本的に乾麺で販売されています。

そのため、長期保存が前提となっており、生めんで販売されているうどんや焼きそばなどに比べて、かなり長い賞味期限が設定されているのが一般的です。

もちろん製造方法やメーカーなどによっても、賞味期限の設定は様々ですが、一般的なそうめんの賞味期限は、未開封の状態で1~2年程度となっています。

しかし、そうめんを寝かせると美味しくなる、という噂を聞いたことがある、という人もいるかもしれません。

そうめんを寝かせると美味しくなるということ自体は事実です。

とはいえ、家庭で購入したそうめんをただ置いておくことで美味しくなる、ということは基本的にはありません。

これは、そうめんを保存するために適した環境で保存した場合の話で、販売される前のメーカーでの話。

温度管理が適切に行われた状態でそうめんを保存することで、熟成されて味わい深くなると言われています。

このようにそうめんにあった倉庫で保存されたそうめんは、古物(ひねもの)と呼ばれ、高級品として販売されています。

しかし、家庭では温度管理を行うのも難しく、上手に寝かせるのは困難なのです。

未開封のそうめんの賞味期限はわかりましたが、開封後のそうめんの賞味期限は、どう判断すれば良いのでしょうか。

賞味期限というのは未開封の状態での期限を指すため、開封後は早めに食べきるのが基本です。

とはいえ、そうめんは元々長期保存ができる食品のため、正しく保存されていて、良い状態であれば、元々の賞味期限を目安にしても、あまり問題はありません。

開封後にしばらく経過したそうめんの場合には、色やにおいなどをしっかり確認しておきましょう。

カビが生えていたり、色が黄色くなっているなどの見た目の変化や、変なにおいがするなどが無ければ、食べても大丈夫です。

これは開封前であっても、念のため確認しておいた方が良いですね。



【スポンサードリンク】


そうめんの保存方法は?

では、そうめんを保存する場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

そうめんを保存する時には、直射日光を避け、風通しの良い場所で保存することが大切です。

床下収納などの湿気の多い場所で保存すると、カビや虫がつきやすいので、避けた方が良いでしょう。

また、そうめんはにおいの付きやすい食品。

そのため、近くににおいの強い物を保存しないように注意が必要です。

冷蔵庫で保管するのも良いですが、その場合には、周囲の食品のにおいがうつらないよう、しっかり密閉できる状態で保存しましょう。

また、開封後のそうめんを保存する場合には、開封した部分から空気が入らないように、別の密閉できる袋に移すなどの工夫が必要です。

茹でた後のそうめんの注意点は?

大人数で食べるために大量にそうめんを茹でると、そのそうめんが余ってしまうこともあります。

茹でた後のそうめんは、どのように保存すればよいのでしょうか。

基本的には茹でた後のそうめんは、すぐに食べきってしまうのがおすすめです。

しかし、どうしても大量に残ってしまった場合には、空気が入らないように密閉できる袋に入れ、冷蔵庫で保存することも可能です。

この時、1食分ずつに小分けして保存すると、使いやすくなります。

茹でた後のそうめんは、それほど長くは冷蔵保存できないので、その日中か翌日など、すぐに食べられる場合のみにしましょう。

それ以上に保存期間が長くなりそうな場合には、冷凍保存が便利です。

冷凍する場合、必ず水気をしっかり切るように注意しましょう。

水気を切ったそうめんを密閉できる袋に入れて冷凍することで、保存は可能です。

この冷凍保存したそうめんを食べる場合、気を付けなければいけない点があります。

それは、このそうめんの解凍方法。

冷凍保存したそうめんは、自然解凍したりレンジで解凍すると、ボソボソした食感になってしまうので、美味しく食べることができません。

そのため、一旦解凍してからではなく、冷凍のまま調理するのがポイントです。

たとえばにゅうめんにしたり、そうめんチャンプルーにするなど、冷凍のまま加熱調理すると良いでしょう。



【スポンサードリンク】


そうめんの賞味期限や保存方法などについて紹介してきました。

そうめんは長期保存のできる食品ですが、美味しく食べるためには保存方法にも注意が必要だということがおわかりいただけたと思います。

また、茹でた後であっても、上手に保存することでその後別の料理に使える場合もあります。

どうしても余ってしまった場合などは、後からでも美味しく食べられるよう、注意して保存してくださいね。

関連記事