オリーブオイルの揚げ物の味が苦い!おすすめの再利用方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オリーブオイル2

健康によいオイルの一つとしてメジャーな物といえば、オリーブオイル。

オリーブの実から作られるオリーブオイルは、便秘解消や美肌効果など、様々な健康効果があることで知られています。

そんなに体に良いオイルなら、調理に使うものは全部オリーブオイルにしてしまいたい、と考える人もいるでしょう。

もちろんオリーブオイルは、どんな料理にも使うことができます。

しかし、なぜか揚げ物に関しては、オリーブオイルで揚げた時に苦いと感じる場合があるようです。

では、なぜオリーブオイルで揚げた揚げ物の味が苦くなってしまうことがあるのでしょうか。

そして、揚げ物をしたときに大量に残るオリーブオイルの上手な再利用方法も紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


オリーブオイルの特徴とは

一般的に、食用の油というのは、なたね油、大豆油など、植物の種子から得る油を原料としている物が大多数です。

そしてほとんどの場合、その製造工程の中で、種子から油を分離させるために加熱処理を行っていますが、そのために油に含まれる成分などが変わってしまう場合があります。

しかし、オリーブオイルは、植物の種子ではなく、オリーブの果実そのものを絞って作られるもの。

オリーブオイルは通常、製造工程において加熱処理の必要がありません。

オリーブから絞った果汁を放置しておくことで、油の成分が表面に浮き上がるため、それを分離するだけでOKなのです。

このように、オリーブオイルは加熱処理が不要なため、成分が変わりにくく、風味が失われにくいという特徴があります。



【スポンサードリンク】


オリーブオイルの揚げ物が苦くなってしまうのはなぜ?

このように、オリーブオイルはオリーブの実をそのまま絞った物から取られているため、オリーブの独特の風味があります。

オリーブは通常、酢漬けなどで食べることが多く、そのまま食べると苦味や辛味のある果実です。

そのため、人にもよりますが、オリーブオイルでも辛味や苦味などを感じてしまう場合があります。

この苦味の正体は、含まれるポリフェノール類によるもの。

つまり、苦味などが強いほど、ポリフェノールが含まれる量が多く、健康に対する様々な効果が期待できるのです。

オリーブオイルの場合、基本的に品質が高いほど、ポリフェノールの含有量が多いのが特徴。

つまり、良質なエキストラヴァージョンオイルを使った場合、苦いと感じる人も多いようです。

このような理由からか、エキストラヴァージンオイルは生食用、ピュアオイルは加熱調理用と言われていますが、エキストラヴァージンオイルを加熱調理に使う事も多くあります。

実は、オリーブオイル特有の苦みの原因は、品質だけによる物とは限りません。

例えば、熟したオリーブの実から取れるオリーブオイルは、若いオリーブの実から取れるオリーブオイルよりも、苦味が少ないといわれています。

その他、オリーブの品種などにも左右されるため、エキストラヴァージンオリーブオイルでも、それほど苦味を感じないオイルもあるのです。

オリーブオイルを使って揚げ物をした場合に苦いと感じてしまう時は、オリーブオイルの銘柄や種類を変えてみるのがおすすめ。

一般的にピュアオイルでは、苦味を感じる人が少ないようですが、その分ポリフェノールなどの成分は少なくなっていることを認識しておきましょう。

揚げ物の残りのオリーブオイルの再利用方法は?

揚げ物をすると、どうしても大量に油が残ってしまいます。

オリーブオイルの場合、この残り油をどのように保存して再利用すればよいのでしょうか。

オリーブオイルの特徴として、他のオイルと比べて高温の加熱に強いという特徴があります。

基本的には200℃を越えなければ、オリーブオイルの成分が破壊されることなく、再利用が可能です。

再利用を考える場合には、次のような点に注意しましょう。

・油の温度が200℃を超えないようにする

・水が入ると傷みやすくなるため、揚げる食材の水気をしっかりきる

・揚げ物が終わったら、コーヒーフィルターなどを使ってオリーブオイルを濾し、保存用のポットに入れる

・保存場所は光の当たらない涼しい場所(冷蔵庫では固まってしまうためNG)

・新しいオイルと再利用のオイルを混ぜたり、再利用のオイルの継ぎ足しは行わない

まず、このような点に注意して、品質を劣化させないように保存することが重要です。

オリーブオイルといえば加熱せずマリネやサラダなどにも使うことができるオイルですが、再利用の場合はこれらの調理に使用するのは不可。

加熱調理に使用するのが原則のため、基本的には炒め物または揚げ物に使用するのがおすすめです。

再利用可能なオリーブオイルの目安は、油の色が濃くなっていないこと。

油の色が濃くなったり、粘度が高くなってどろっとしてきたら、再利用せずに廃棄しましょう。



【スポンサードリンク】


オリーブオイルは健康効果が高いので、ぜひ毎日の生活に取り入れていきたいもの。

ただし、商品によって独特の風味などもあるため、いろいろ試してみて、自分にあったオリーブオイルを見つけられると良いですね。

関連記事