はと麦茶は妊娠中や授乳中はダメ?妊婦でも飲めるお茶は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
麦茶

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんへの影響を考えると、食べ物や飲み物には注意しなければいけません。

特に日常的に口にするお茶などは、赤ちゃんへの影響がないものを選びたいもの。

例えば、普通に口にすることの多いはと麦茶。

実はこのはと麦茶、妊娠中や授乳中には避けた方が良いお茶の一つなのです。

ではなぜ妊娠中や授乳中には避けた方が良いのでしょうか。

そして、妊婦でも安心して飲めるお茶は何なのでしょうか。



【スポンサードリンク】


妊娠中、授乳中のはと麦茶の影響は?

はと麦茶というと、その名前から麦茶と同じ種類の物と考えている人もいるでしょう。

しかし、はと麦茶と麦茶は全くの別物。

麦茶は大麦を原料としており、はと麦茶はその名の通りはと麦を原料としたお茶です。

麦茶は特に妊娠中に飲んではいけない飲み物ではありませんが、体を冷やす効果があるので飲み過ぎないように注意する必要があります。

しかし、はと麦茶は妊娠中に大量に飲むと、トラブルが起こる可能性がある飲み物です。

はと麦とは、漢方ではヨクイニンと呼ばれ、薬用として使われるもの。

このヨクイニンには、利尿作用や解毒作用、抗菌作用など様々な良い効果がありますが、その中の一つの効果として子宮収縮作用があります。

妊娠中に子宮収縮が起こってしまうと、流産や早産の危険性が高くなるため、避けた方が良いとされているのです。

少し飲むくらいであれば、大きな影響はないと考えられていますが、どのくらいなら大丈夫などという目安がないため、基本的には避けておいた方が良いでしょう。

また、授乳中については、母乳を通して赤ちゃんに影響を与える可能性があり、安全性が保障されていません。

そのため、妊娠中と同様に控えておきましょう。



【スポンサードリンク】


妊娠中に飲んでもOKなお茶は?

では妊娠中には、どのようなお茶を飲めば良いのでしょうか。

ノンカフェインのお茶であることは基本ですが、それに加えて良い効果が得られるお茶がおすすめです。

まず、おすすめなのがルイボスティー。

ルイボスティーはミネラルが豊富なお茶で、腸内環境を整える働きもあり、妊娠中にはおすすめのお茶の代表ともいえるもの。

そして、生殖機能の老化を防ぐこともできるため、妊娠中の人だけでなく、妊活中の人にもおすすめです。

次におすすめなのがたんぽぽ茶。

たんぽぽ茶は、たんぽぽの根を使ったお茶ですが、お茶というよりもコーヒーのような味わいがあります。

妊娠中はカフェインを含むコーヒーは飲むことができないため、コーヒー代わりに飲むこともできますね。

このたんぽぽ茶もミネラルが豊富で妊娠中の栄養補給には最適です。

利尿作用や便秘解消のほか、むくみにも効果があり、特に妊娠後期のトラブル対策としても効果的。

母乳の出を良くする効果もあるため、出産後にもおすすめのお茶の一つです。



【スポンサードリンク】


妊娠中や授乳中におすすめのお茶について紹介してきましたが、いかがでしたか。

はと麦茶が実は漢方だったというのは、驚いた人もいるのではないでしょうか。

妊娠中や授乳中は、不安になる要素は避けたいもの。

自分にも赤ちゃんのためにも、良いお茶をとるように心がけましょう。

関連記事