緑茶の飲み過ぎは太るだけでなく腹痛や下痢、貧血の原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緑茶

緑茶と言えば、カテキンやポリフェノールなどが豊富で、体にも良いお茶。

日本人なら当たり前のように毎日飲む、という人も多いですよね。

緑茶にはほとんどカロリーがないので、お水のようにがぶがぶ飲んでも安心、と思っていませんか?

でも実は、緑茶の飲み過ぎが原因で、太ってしまう場合があるのです。

そして、体に良いからと言って飲んでいると、腹痛や下痢、貧血になってしまうことも。

では、緑茶を飲んでなぜ太ってしまうのか、そして、緑茶の飲み過ぎによる体調の変化などについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


緑茶の飲み過ぎは太る?

基本的に緑茶のカロリーは、100mlあたり2~5kcal程度。

カロリーがあると言っても、ほぼゼロに近い物なので、たくさん飲んでも大丈夫と考えている人が多いでしょう。

もちろん、カロリーは低く、脂質や糖質などもないため、緑茶だけを大量に飲んでいて太ることは、基本的にはありません。

緑茶を飲み過ぎて太ってしまう原因は、まず、緑茶が体を冷やす飲み物だということ。

体を冷やすのは、実はダイエットにとっては大敵。

体を冷やすと代謝が落ちるため、摂取したエネルギーを消費しづらくなり、太りやすくなってしまうのです。

では、緑茶がなぜ体を冷やす飲み物なのでしょうか。

緑茶は、東洋医学においては陰の飲み物とされ、体を冷やす飲み物に分類されるもの。

お茶は、その発酵度合によって、温める飲み物か冷やす飲み物かが決まります。

緑茶は発酵しないお茶のため、体を冷やす飲み物に位置づけられるもの。

温かくして飲めば、もちろん一時的には体が温まりますが、結果的には体が冷えてしまうのです。

また、緑茶にはカフェインが含まれています。

緑茶に含まれるカフェインは、100mlあたり20mg程度。

ドリップコーヒーなどに比べれば少ないものの、飲み過ぎるとそれなりの量になります。

カフェインの作用としては、覚醒作用などが知られていますが、それ以外にも利尿作用などがあります。

利尿作用が高いことで、体の熱が外に逃げやすくなってしまい、体が冷える場合があるのです。

また、カフェインは交感神経を刺激して、血管を収縮させてしまいます。

これも冷えの原因となり、胃腸の調子が崩れたり、お腹周りに脂肪がついてしまうのです。



【スポンサードリンク】


緑茶の飲み過ぎは、腹痛や下痢、貧血になる?

緑茶にはカテキンやビタミンCなどの他にも、カフェインやタンニンなど、様々な成分が含まれます。

これらの成分は、良い影響を与えることもありますが、腹痛や下痢など、体の不調を引き起こしてしまう場合もあるのです。

緑茶の飲み過ぎで起こりやすい不調が、腹痛や下痢。

カフェインは体への刺激の強い成分のため、空腹時に緑茶を飲んでしまうと、胃腸への負担が大きくなります。

また、タンニンは胃や腸への消化・吸収を妨げる働きをする成分。

そのため、緑茶を飲み過ぎることで、消化不良を引き起こす場合があり、その結果、腹痛や下痢などが起こってしまうのです。

そして、このタンニンの吸収を妨げる働きによる影響の一つとして、貧血を起こしてしまうこともあります。

緑茶のタンニンによって、様々な栄養素の吸収が妨げられますが、特に影響が出やすいのが鉄分。

鉄分の吸収が妨げられた結果、食事からの鉄分を十分に吸収することができず、貧血を引き起こしてしまうのです。

また、カフェインには利尿作用があるため、緑茶でいくら水分を摂取していても、結果的に水分不足となり、脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。

緑茶の適正量と注意点は?

では、緑茶で冷え性になって太ってしまったり、体の不調を引き起こさないようにするには、どのくらいの量であれば安心なのでしょうか。

緑茶は入れ方などによって、含まれるカフェインの量も異なります。

また、人によって体質も違うため、どのくらいであればOKとは一概には言えません。

しかし、少なくとも水替わりにがぶがぶ飲むというのは控えた方が良いでしょう。

通常、成人は1日当たり2~3リットルの水分を必要とします。

カフェインの量などを考えると、緑茶の量はそのうち1日当たり1リットル程度に抑えておくのが無難。

もし、コーヒーなど他の飲料でもカフェインを摂取する場合には、もう少し抑えた方が良いかもしれません。

また、緑茶を飲むタイミングについても、注意が必要。

食後のお茶として、緑茶を飲む人も多いですが、食事とは少し時間をあけるのがおすすめです。

これは、タンニンによる消化吸収を妨げる作用の影響を、できるだけ少なくするため。

せっかく食事で摂った栄養素が吸収されなくなってしまうと、貧血などの不調を引き起こす原因になってしまうのです。

とはいえ、空腹時にはカフェインの刺激が強すぎるので、胃腸を傷めてしまうという難点も。

緑茶を飲むタイミングとしては、食事の直後ではなく、食後30分から1時間ほど経過したくらいで飲むのが良いでしょう。



【スポンサードリンク】


緑茶の飲み過ぎで太る理由や体調不良になってしまう原因、お分かりいただけたでしょうか。

せっかく、ミネラル豊富な緑茶が体に悪影響を及ぼさないよう、飲み過ぎには十分注意してくださいね。

関連記事