日傘の効果には有効期間がある!効果的な色は白と黒どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽2

暑くなって日差しが強くなる季節。

紫外線が強いと日焼けをしたり、髪が傷んだりしてしまいますよね。

そんな季節には日焼けをしたくない人、特に女性にとっては日傘は必需品。

でもこの日傘、古い日傘を使っていると効果が半減してしまう場合があるって、ご存知でしたか?

また、白や黒など、日傘の色によっても効果が異なるのです。

そこで、日傘の有効期間と色による効果の違いについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


日傘には有効期間があるの?

日傘に有効期間がある、というのは一体どういうことなのでしょうか。

一口に日傘、と言っても様々な素材や種類があります。

例えば生地を二重にして厚みを出したり、もともと厚地の生地を使うことで紫外線を遮断するものや、遮光性の化学繊維を使用したもの。

そして、綿や麻の生地に、紫外線吸収剤などを塗ることで、紫外線を遮断するもの。

ざっと挙げてみると、このような種類が考えられます。

このうち、日傘としての効果に有効期間があるのは、紫外線吸収剤を使用したもの。

元々は普通の生地だった日傘に、薬剤の効果でUV効果を与えているため、年数が経つにつれ、その薬剤の効果が薄まってしまうのです。

もちろん紫外線吸収剤を使用した日傘でも、メーカーによって加工方法などが異なるため、厳密に言えば有効期間もその日傘ごとに異なります。

保存状態や使用状況によっても異なるため一概には言えませんが、一般的には薬剤を使用した日傘の有効期間は3年程度と言われています。

もし、手元にある日傘が3年以上前のもので、薬剤を使用してUV効果を出しているものの場合には、購入当初と同じような効果は得られないかもしれません。

逆に薬剤を使用せず、生地自体の厚みを利用していたり、遮光生地を使っている場合には、基本的に有効期限などはないと考えてOK。

破れたりしない限りは、購入当初と同じように使うことができます。



【スポンサードリンク】


日傘の色は白と黒、どちらが効果的?

日傘にも、様々なデザインの物が販売されています。

暑い季節には、白い日傘は涼しげで可愛らしいので、引かれる人もいるでしょう。

しかし、日傘はその色によっても紫外線カットの効果が異なります。

色にはそれぞれ特徴があり、基本的に白は光を反射し、黒は光を吸収します。

日傘の性質を考えた場合、反射または吸収するため、どちらも紫外線を減少させる効果はあります。

しかし、カットする割合から言えば、黒の方が効果が高いと言えます。

また、日差しが強い時期というのは、地面からの照り返しも無視できません。

照り返しに対して白い日傘を使うと、傘で反射した紫外線が顔に向かってきてしまいます。

逆に黒い日傘では、照り返しの光を吸収してくれるため、照り返しに対しても黒の方が効果的なのです。

黒は光を吸収してしまう分、少し熱くなってしまう可能性がありますが、紫外線カットの効果を狙うのであれば黒がおすすめです。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

日傘は色や生地などによって、効果や有効期間が異なります。

日傘を選ぶ際には、デザインだけでなく、今回紹介したような点にも注目して選んでみてくださいね。

関連記事