カフェインの吐き気、めまい対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

一般的な普段の生活でカフェインを摂取する機会は多いと思います。特に仕事疲れや徹夜で勉強するときにカフェインの入ったコーヒーやドリンクなどを飲むことがあると思います。コーヒーなどのカフェインが入った飲料を適度に摂取すれば集中力の回復や眠気冷ましに有効だと思います。しかし過度に飲み過ぎて気分が気持ち悪くなって、めまいや吐き気などの症状が出て来ることがあるのではないでしょうか。ここではカフェインの取りすぎてしまって、めまいや吐き気などの症状が出た時の対策と予防について述べていきたいと思います。



【スポンサードリンク】


「対策その① 水分を取る」

摂取したカフェインのほとんどが尿となって排出されるようです。

そのため水分を多く摂取してカフェインを尿から出すことが有効なようです。

その際にはカフェインの入った飲料水はやめて、ぬるま湯(白湯)が良いようです。

調べてみると冷たい水よりぬるま湯(白湯)のほうが、体内の水分吸収率が高いようです。

確かに白湯のダイエットがありますし、デトックス効果があって利尿作用があるからだと思います。

ただし、水分を大量に摂取することの害も聞きますので、自身の無理のない適量な水分摂取をした方がいいと思います。



【スポンサードリンク】


「対策その② 安静に過ごす」

カフェイン中毒を治療する特異的な薬はないため、時間経過を待って回復を待つのが一般的です。

そのためカフェインによる中毒症状が出た場合は大人しく安静した方がよいでしょう。

また重篤な場合で緊急を要する時は病院で胃洗浄や筋弛緩剤や抗けいれん薬の投与をする等、その場での対症療法を行うようです。

その事から症状が重く安静していても良くならない時は病院に行った方が無難だと思います。

病院に行くときは体調が悪くて一人で車を運転するのは危ないと思いますので、病院に行く際は家族やタクシーなどで送迎してもらうほうがよいと思います。

「対策その③ 普段からしっかりと睡眠をとる」

おそらくカフェインを多く摂取する時は睡眠不足や疲労が溜まって眠くてだるい場合ではないでしょうか。

睡眠不足で疲労が蓄積されると自律神経のバランスを崩しやすく、免疫力低下やめまいや吐き気などの症状になりやすくなります。

その睡眠不足で疲労が溜まっている上にカフェインの過度な摂取で体調を崩しやすくなっていると考えられます。

こうした悪循環に陥らないように普段から質のよい睡眠を心掛ける、休憩時間や昼休みに仮眠を取るなど睡眠不足にならないように行動した方がよいでしょう。



【スポンサードリンク】


まとめ
カフェインの吐き気、めまい対策について述べましたが、普段からの生活習慣をしっかりすることが大事なことだと思います。なぜならカフェイン中毒の一番の対策は予防だと思います。そのためカフェインの入ったコーヒーやドリンクは飲む量を控えることが必要だと思います。ただ、コーヒーなどのカフェイン飲料は嗜好品で長年の生活習慣でよく飲まれている方もいると思いますので、大事なのは自身の体調や体質に合った適量で適度なカフェイン生活を楽しむことではないでしょうか。

関連記事