赤ちゃんの手足が冷たいのに汗をかいているのはなぜ?発熱の予兆なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんの手

親にとって、赤ちゃんの体調というのは気がかりなもの。

特に自分で症状を訴えることができないうちは、親が注意しなければ、と少しの変化が気になってしまいますよね。

そんな赤ちゃんの状態で気になるのが、手足が冷たいこと。

そして、手足が冷たい状態なのに、背中などに汗をかいていることも多いですよね。

赤ちゃんの手足が冷たいのに、汗をかいているのは、一体なぜなのでしょうか。

発熱の予兆の可能性なども含めて、調べてみました。



【スポンサードリンク】


赤ちゃんの手足が冷たいのはなぜ?

赤ちゃんというのは、大人に比べて体温調節を行う機能が未発達です。

また、体も小さいため、外気温による影響を受けやすく、外が寒ければ体も冷たく、暑ければ体も温かくなります。

そのため、真夏や真冬などは特に、部屋の温度調整に注意しなければいけません。

赤ちゃんは、体全体で体温調節を行うことができず、体温調節の役割は手足が担っています。

例えば、暑い時には手足の血管を拡張させて体温が上がりすぎないようにし、寒い時には手足の血管を収縮させて血流を抑えます。

このようにして、大切な臓器のある体の中心部分の体温を維持するために、手足での体温調節を行っているのです。

赤ちゃんの手足は、体温調節の役割をしているため、手足の温度だけに惑わされてはいけません。

手足が冷たいからと言って温めすぎてしまうと、寒さに順応できなくなってしまう可能性があります。

手足が冷たいと感じた時には、まず背中やお腹などを触って確認してみましょう。

もし汗をかいているようであれば、赤ちゃんは少し暑いと感じている可能性があるため、衣類を一枚減らすなどして、調節をしてみてください。

ただし、真夏のエアコンをかけた部屋で、手足が異常に冷たいのに汗をかいているなどの場合、部屋を冷やしすぎていることにより、体を温めようとして汗をかいている場合があります。

赤ちゃんのいる部屋の室温は夏は26~28℃、冬は18~20℃くらいに設定することを目安とし、温めすぎ、冷しすぎには注意しましょう。

赤ちゃんは不快なときには泣いて訴えるので、基本的に、機嫌が良いようであれば、それほど神経質になる必要はありません。



【スポンサードリンク】


発熱の前兆の可能性はある?

手足が冷たいのに汗をかいている、という場合、一般的には発熱の前兆である可能性は低いでしょう。

赤ちゃんはよく熱を出しますが、急激に熱が上がった場合などには、手足が冷たいことがあります。

この時手足が冷たい理由というのは、まだ熱が上がりきっていないことによるもの。

大人でも、熱が上がるときには寒気がすることが多いですが、赤ちゃんの手足が冷たい時というのは、まさにその状態。

そのため、熱があってもこの時点では冷やしたり解熱剤などを使わず、まずは温めて熱を上げきってしまう必要があります。

その後、手足まで熱くなったら、布団を一枚減らしたり、部屋の温度を下げるなどして、放熱できる環境にしましょう。

基本的には、汗をかき始めるのは熱が上がりきった後が多いとされているので、手足が冷たいのに汗をかいているという場合には、室温の調整や服装などを見直してみてください。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

赤ちゃんは大人と違って、外気への対応を自分の力だけで行うことができません。

手足だけに注目するのではなく、全体の様子や機嫌なども含めて、判断してあげてくださいね。

関連記事