押し入れのカビ・臭い対策にはすのこ!掃除にエタノールを使っていいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押し入れ

日本は他の国に比べて湿度が高く、じめじめするのが特徴。

梅雨の時期や夏などは、特に家の中のカビや独特の臭いが気になりますよね。

特にカビや臭いが気になるのが、押し入れの中。

押し入れというと、布団や日用品、書籍などの保管場所として使っている人も多いと思いますが、気が付いたらカビがついていた、なんていうことも。

この押し入れのカビや臭いを防ぐためには、すのこが効果的だということをご存知でしょうか。

押し入れのカビや臭いを防止するためのすのこの使い方や、押し入れの掃除の注意点について紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


押し入れにカビや臭いが発生しやすいのはなぜ?

湿度が高いことによる影響があるとは言っても、なぜ特に押し入れの中にはカビや臭いが発生しやすいのでしょうか。

まず、カビが発生しやすい環境というのは、室温が20~30度、湿度は70~80%と言われています。

特に梅雨時期や、夏に雨が降った時などは、このような環境になりやすいのが特徴。

それ以外にも、冬の寒い時期に暖房を使うと結露が発生し、湿度が上昇するため、同じような環境を生みやすくなります。

また、押し入れに保管することの多い布団は、就寝中の汗を吸っているため、湿気がこもりやすいもの。

とはいえ、水分が閉じ込められることのない通気性のよい環境であれば、カビが発生しにくくなります。

しかし、押し入れというのは、閉め切った狭い空間のため、水分の逃げ場がなく、カビの温床となってしまうのです。

特に木造の一軒家などと比較して、気密性の高いマンションなどでは、通気をよくしないとカビが発生しやすくなります。

そしてその結果、独特の嫌な臭いなども発生してしまうのです。



【スポンサードリンク】


押し入れのカビの防止法とは?

ここまでで紹介してきたように、通気性が悪く、湿気がこもることがカビや臭いの主な原因。

そうなると、カビを防止するためには、通気性をよくすることが最も重要です。

まず、通気性を良くするためにできる簡単な方法は、押し入れの戸を開けておくこと。

閉め切ってしまうことで水分の逃げ場がなくなるので、開けておくのは有効です。

この時、片方の戸だけを開けるのではなく、戸を真ん中に寄せて、両側を開けておく方法が一番。

片方の戸だけを開けるより、両方に空きを作った方が空気が流れやすくなり、湿気がこもることを防いでくれます。

しかし、戸をあけておいたとしても、布団を何枚も収納していると、どうしても下の方にある布団などは湿気がこもりやすくなってしまうもの。

そのため、そういった場合には、布団の下にすのこを敷くのが効果的です。

すのこを敷くことで、布団の下に空間ができ、そこが空気の通り道となるため、水分の逃げ場を作ることができます。

また、下だけでなく横に立てておくのも、カビ対策としては効果の高い方法。

どうしても横に並べた布団の間が通気性が悪くなってしまうため、それを防ぐことができます。

そして、意外と忘れがちなのが押し入れの奥。

たくさん布団を入れてしまうと、押し入れの奥がどのくらい空いているかというのが分かりづらいもの。

いっぱいに詰めてしまうことを防ぐためにも、押し入れの奥にもすのこを立てておくと良いでしょう。

生えてしまったカビの対策は?

では押し入れにカビが生えてしまった場合には、どうすれば良いのでしょうか。

カビを取り除く方法はいくつかありますが、効果的なのは二つ。

一つ目は、市販のカビ取り剤を使用する方法です。

まず、固く絞った雑巾で、カビをざっと拭き取ります。

その後、カビ取り剤をスプレーして30分ほど放置し、その後に水拭きをして仕上げるのが基本。

水拭きをするので、乾くまでに半日ほど必要です。

そして、もう一つの方法が、エタノールを使用する方法。

エタノールをスプレーで吹きかけて拭き取ることで、殺菌することができます。

この二つの方法には、効果に少し違いがあります。

カビ取り剤の場合、漂白なども同時に行うことができるため、カビで黒くなってしまった色なども取り除く事が可能。

カビがかなり繁殖してしまい、範囲が広い場合などは完全に取り除くことは難しいですが、目立たなくすることは出来るのが特徴。

しかし、エタノールを使用する場合には、カビの色は残ってしまうので、見た目が気になる場合にはカビ取り剤を使用しましょう。

カビ取り剤を使う場合は水拭きが必須なため、エタノールを使用するのは、なるべく濡らしたくない素材が使われている場合などにおすすめです。

どちらの方法を使った場合でも、しっかり乾燥させてから、中の布団などを戻すようにしましょう。



【スポンサードリンク】


押し入れのカビ対策について紹介してきましたが、いかがでしたか。

知らず知らずのうちに、布団などにカビが生えてしまうと、アレルギーや喘息など、体に悪影響が出る可能性も。

体調を崩すことを避けるためにも、押し入れのカビや臭いはしっかり防止したいものですよね。

押し入れにカビを生えさせないためには、日ごろから使い方に気を付けることが重要。

すのこなどで押し入れ自体に対策をするほかにも、中に入れる物は完全に乾燥させてから収納するなど、工夫をしましょう。

関連記事