カフェインの効果と持続時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

カフェインの効果と持続時間は?

あなたは、普段飲まれるコーヒー・お茶などからのカフェインの効果や持続時間を知っているでしょうか?

わたしの中のカフェインの効果のイメージは、目が覚める効果があるというぐらいしかありませんでした。

この文ではカフェインの効果と持続時間について詳しく知るために調べて分かったことを書いていきます。



【スポンサードリンク】


カフェインの効果

まず、カフェインの効果について調べて分かったことについて書いていきます。

① カフェインには脳を興奮させる成分が入っているので、眠い時など眠気覚ましの効果があります。

また、大脳の精神機能を高揚させることにより疲労解消および集中力をあげることができるので日常生活の運動をより活動的にすることができます。

② カフェインは血液の流れを良くする効果もあります。

それにより疲れた時に溜まる乳酸を溜まりにくくさせ、筋肉の疲労を防ぐことができます。

③ 血管を収縮させる作用があるので、血管が広がることにより起きる片頭痛や高血圧により起きる脳圧亢進性頭痛の治療の為に医薬品の成分に含まれています。

④ 利尿作用があるので体内にあるむくみの原因である余分な水分が排出されます。

⑤ カフェインは体内のエネルギーを熱として放出するので、体内に付いた脂肪の燃焼を促す可能性があるといわれています。

⑥ 筋肉を収縮させる効果もある為、それにより筋骨格が刺激されることにつながります。

そのため筋肉の力が強くなり運動能力を上げることにつながる可能性があるといわれています。



【スポンサードリンク】


カフェインの持続時間

次にカフェインの効果が表れてからの持続時間については、カフェインの血中濃度を参考にすると最高濃度に達してから4~6時間後に、条件によりカフェインの血中濃度が半分になるのでそこで持続時間は終わると考えられます。

持続時間の文で“条件により”と書いたのは摂取する個人差・年齢・性別・肝機能等によりカフェインの持続時間は変わるからです。

例をあげると、普段カフェインを摂取しない人はカフェインの耐性がないために効果が早く見られるということがあり、男性より女性の方がカフェインの代謝が早いなどの違いによりカフェインの持続時間などが変化していくからです。



【スポンサードリンク】


今回カフェインについて詳しく知るために、効果と持続時間について調べたことについて書きましたが、カフェインは効果であげた良いことばかりではありませんでした。

それはカフェインには過剰摂取すると効果だけでなく副作用というものが出てきてしまうとあり、その例としては過剰摂取すればカフェインの効果であげた脳が興奮状態になることで脳が休むことができず寝ることができない等の副作用が出てしまいます。

さらに、利尿効果が過剰摂取で排尿が多くなってしまうと尿中の水分と一緒に体内のカルシウム等も排出されてしまい骨が弱くなってしまう可能性もあります

これ以外にもカフェインを過剰摂取することにより中毒症状や体にとってあまり良くない副作用があります。

しかし、体にあった摂取量を守れば効果で書いた疲労解消などの良いことはたくさんあるので、カフェインを摂取するにあたって体に良い効果だけを作用させるためにも摂取量は自分に合った量で過剰摂取にならないようにしなければならないと思いました。

関連記事