入院見舞金相場。会社の上司・同僚・部下はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千羽鶴

◯◯さんが入院された。◯◯部長が入院したらしい。
大丈夫かなあと心配する一方、
お見舞いにはどんな服装で、何人で?
どんなタイミングで?何を持って?
とマナーも心配してしまう人は少なくありません。

今回は入院見舞金について考えましょう。
会社の上司や同僚が万が一入院したら・・・?



【スポンサードリンク】


一般的なお見舞いの相場はいくら?

お見舞金の相場は
3000円
5000円
10000円
となります。

一般的に親しければ親しいほどお見舞金は上がります。
例えば、会社関係は3000円。友人で特に中が良ければ5000。
近い親戚ならそれ以上といったように変わりますが明確な線引きはありません。

注意したいのは縁起を考えるということです。
病院では「死」「苦」などを連想させる言葉や数字はタブーです。
例えば
4000円、6000円は死とか無などを連想しますね。
これはいけません!

よって、5000円がよいかというと多すぎる場合は
3000円が妥当と考えられます。



【スポンサードリンク】


お見舞は周りの空気を読んで!

上司や同僚が入院してお見舞いにいくことになったら、
まずは周りの人に相談しましょう。

いつ行くべきか。
いくら包むべきか。

これがとても重要です。
入院した人の様態や性格なども考慮すべきです。
本当に具合が悪い場合は、お見舞いに来られただけでも疲れてしまう。
あるいは、弱ったところを見せたくないという人もいるでしょう。

「お見舞いのことなんだけど、どうする?」
とまずは同僚に聞くのが一番です。

とくにお見舞金に関しては、お金が関わることなので
自分一人だけ多く渡すのはおかしいですし、少な過ぎても非常識です。

通常は、数名で相談しまとめて一つのお見舞金として渡します。
例えば同僚5人で一万円を包む。といった感じです。

お見舞いに行く際も全員で行くのは失礼なので、
代表者を一人、二人決めて、その人が見舞うのがよいでしょう。

同僚、部下である場合、グループで渡すならば1万円。
個人的ならば一人3000円を包めば十分です。

上司についてはどれほどの地位かによりますが、
部下でとりまとめて3万円を渡す、1万円を渡すのが一般的でしょう。

ただ、これは根本的なことですが、
お見舞いはできるだけ行かないほうがよいというのが常識です。
とくに病気である場合は、双方のために避けたほうがよいでしょう。

一方、弱った仲間、上司を元気づけたいという気持ちは誰でもあるものです。
怪我によって元気であっても長期入院が必要の場合でしたら、
よい話し相手になるでしょうから様子を見てお見舞いに行くのはよいでしょう。

ですが、もし病気の場合は、メッセージカードを送るのが一番です。
会社の皆で寄せ書きをしたり、ビデオメッセージで元気づけることもできますね。
そして、お見舞いはご家族にそっと渡しにいくとさらによいでしょう。

大事なのは、早く元気になってね!待ってるよ!という励ましの気持ちです。



【スポンサードリンク】


いかがでしょうか。お見舞金は一般的な常識と周りの人たちとの合意の上で
決めるのが最もよいでしょう。

何よりもこのような慣例習慣を考えなければならないときこそ
自分の常識力を試されるときです。

ひとりよがりにならず、かつ思いやりをもって
対処することが大事なのかもしれませんね。

関連記事