マシュマロがレンジで爆発!サクサクにしたい時の注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9e%e3%83%ad

ふわふわで甘くて美味しいマシュマロ。

そのまま食べても美味しいマシュマロですが、バーベキューなどの時、火であぶって食べると、また違った美味しさが楽しめますよね。

マシュマロは温めることで溶けて食感が変わるので、全く違った食べ物のようになるのも魅力の一つです。

そのため、自宅で気軽にマシュマロをアレンジする方法として、レンジで温める方法を試す人も増えてきています。

しかし、試してみたもののうまく温めることができず、マシュマロがレンジで爆発してしまった、なんて人もいるかもしれません。

レンジでマシュマロを温める際、爆発させずにサクサクにしたい時は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。



【スポンサードリンク】


レンジでマシュマロが爆発してしまうのは何故?

まず、マシュマロをレンジで加熱すると、かなり膨らみます。

これは、マシュマロの中にたくさん含まれている空気が膨張するため。

基本的にはマシュマロにはゼラチンが多く含まれていてのびるので、そのまま大きく膨らんでいき、やがてゼラチンが溶けてしぼんでいきます。

しかし、レンジに入れたマシュマロの量やレンジの加熱時間によっては、マシュマロが爆発してしまうこともあるのです。

そのため、レンジでマシュマロを加熱する際、注意したいのは長時間温めすぎないこと。

また、電子レンジの種類などにもよりますが、あまり少ない量の食品を加熱するのも良くありません。

爆発しないまでも、場合によってはマシュマロから煙が出たり、チリチリと焦げてしまうことがあるのです。

マシュマロの場合、1つではなく何個かの単位で加熱し、加熱時間は20~30秒を目安にしましょう。

また、加熱中は目を離さず、膨らんできたら停止するのが重要です。



【スポンサードリンク】


サクサクのマシュマロの作り方は?

ふわふわの食感が楽しいマシュマロですが、レンジを上手に使うことで、簡単にサクサク食感の全く別のお菓子を作ることができます。

では、その作り方を紹介していきましょう。

まず、マシュマロをレンジで30秒ほど加熱します。

マシュマロが溶け始めてしまうと、冷えた時に飴のように固くなってしまうので、マシュマロがある程度膨らんだら加熱を停止して、レンジから取り出します。

取り出したマシュマロは、一気に冷すために冷蔵庫に入れましょう。

とはいえ、冷蔵庫で冷すのは1分ほどの短時間なので、部屋の気温が高くない冬であればそのまま室温で置いてもOKです。

冷蔵庫1分ほど冷すと、サクサク食感のマシュマロが完成します。

マシュマロはもともと卵白を材料としているため、ちょうどメレンゲクッキーのような食感になります。

更に甘みも増すので、全く別のお菓子を食べているような感じになりますよ。



【スポンサードリンク】


マシュマロはそのまま食べても美味しいですが、アレンジの方法はいろいろとあります。

レンジで温めたり、トースターで焦がしたりするだけでなく、ココアに浮かべたり、トーストに乗せたり、クッキーに挟むなど他の食べ物と組み合わせたアレンジも豊富です。

いろいろ試して、お気に入りのマシュマロの食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事