もつ煮込みはコレステロールが高い!栄養はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
31fefa6080ba53ef3b0e2bb380d5c062_s

もつといえば牛や豚、鶏や馬などいろいろな鳥獣類の内臓のこと。

もつといろいろな野菜を煮込んだもつ煮込みなどは居酒屋料理の定番で、お酒のおつまみには最適ですよね。

もつ煮込みをはじめとする内臓系の料理は一般的には体に良いというイメージがありますが、実際の栄養価やコレステロールがどうなのかは気になるところ。

そこで、もつ煮込みの栄養やコレステロールについて調べてみました。



【スポンサードリンク】


もつ煮込みには栄養はあるの?

一般的にはもつ煮込みと言えば、大根や人参などの根菜類と豆腐などをもつと一緒に煮込み、しょうゆや味噌で味付けしたものを思い浮かべる人が多いでしょう。

もつ以外の材料は地域によって異なるので、もつ煮込み全体の栄養価は地域によっても異なります。

そこで、もつ自体の栄養について見てみると、実はもつにはロースやバラ肉などよりも様々な栄養素が含まれているのです。

例えば、ビタミンB群や鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも多く、ビタミンAも豊富。

また、基本的にはカロリーも他の部位に比べると低く、ローカロリー高タンパクな食材として知られています。

血液の循環を良くするアミノ酸も多く、また部位によっては美肌効果のあるコラーゲンも豊富に含まれているため、特に女性にとってはかなり魅力的な食材に感じますね。



【スポンサードリンク】


もつ煮込みはコレステロールが高い?

もつにはいろいろな栄養が含まれており、体にも良さそうなのですが、飽和脂肪酸が多いのも特徴の一つです。

この飽和脂肪酸はコレステロールを上げる原因となっているもので、摂りすぎることはあまり体によくありません。

そのため、もつ煮込みを毎日食べるなどの極端な食生活は、当然ながら体には良くないでしょう。

しかし、もつ煮込みはいろいろな食材を一緒に煮込んで食べる料理なので、使う食材を工夫すればコレステロールのことをそれほど気にする必要はなくなります。

つまりコレステロールを下げる働きのある食材をもつと一緒に煮込んで食べることで、体への影響が少なくなるのです。

コレステロールを下げる食材は、野菜、海藻類、きのこ類などいろいろありますが、もつ煮込みの材料として使いやすいのは、人参、ごぼう、こんにゃく、しいたけなどが挙げられます。

こんにゃくは特にコレステロールを下げる効果が高く、もつ煮込みにも合うので、ぜひ材料に加えましょう。



【スポンサードリンク】


紹介してきたように、もつ煮込みは様々な栄養素を含む料理ですが、どんなものでも食べ過ぎはよくありません。

やはりバランスの良い食事をすることが最も大切。

基本的にバランスの良い食事をしていれば、コレステロールを気にすることなくもつ煮込みを楽しむことができますよ。

関連記事