足汗で靴下が濡れる場合の対策!インナー靴下は効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e9%9d%b4%e4%b8%8b2

気温が上がって温かくなってくると、汗をかく日が多くなりますよね。

しかし、暑い時期に汗をかくのは当然のことですが、特に暑い時期でなくとも汗をかいてしまう人というのも少なくありません。

そういった汗っかきの人というのは、顔や体など見た目にわかる部分だけでなく、足の裏などに汗をかいてしまうことも。

この足汗の量が増えてしまうと、人にはわからなくとも、靴下が濡れてしまうなど、気持ち悪い思いをしてしまうこともあるかもしれません。

では、この足汗をかいてしまう原因とは、一体どんなものなのでしょうか。

また、足汗の対策として、インナー靴下などは効果があるのかについても、調べてみました。



【スポンサードリンク】


足汗の原因とは?

もともと、足の裏には汗腺が多く存在しており、体温調節のために汗をかくことも多い場所です。

しかし、そもそも、特別暑いわけでもないのに足汗をかいてしまうのは、どういう原因なのでしょうか。

実は、足の裏や手のひらにかく汗というのは、通常の体温調節のためにかく汗とは違い、精神的な影響が強いと言われています。

例えば、驚いたり焦ったりするようなことがあった時に、手のひらや足の裏に汗をかいた経験がある人も多いのではないでしょうか。

このように、精神的に緊張したり興奮した時にかく汗のことを精神性発汗と呼びます。

足汗をかいて靴下などが濡れてしまうと、靴を履いている時は良いのですが、靴を脱いで家に上がらなければならないような状況になった時、かなり困ってしまいます。

濡れた靴下で廊下に足の跡がついてしまって、嫌な思いをしたという人もいるかもしれません。

人によっては蒸れた足からの臭いなどが気になってしまう人もいるでしょう。

このように足汗をかいて嫌な思いをした経験がある人は、それを気にするあまりに更に緊張して足汗をかいてしまう場合もあります。

また、冬場はブーツなどで温まりすぎた足を冷やそうとして汗をかく場合も。

そして、冷え症の人の場合、冷たい足を温めようとして急激に体温が上がり、またそれを冷ますために体温調節として汗をかくという状況にもなってしまうのです。



【スポンサードリンク】


足汗の対策としてのインナー靴下の効果は?

では、足汗の対策として、インナー靴下をはくことには効果があるのでしょうか。

インナー靴下とは、靴下の内側に履く靴下のこと。

薄手に作られていることが多く、普通の靴下の下に履いても、外側からはほとんどわかりません。

インナー靴下は、基本的に5本指に分かれており、これを履く事で、指と指が触れあわなくなるという特徴があります。

足汗をかいてしまっても、かいた汗がすぐに吸収されるため、それによって更に足が冷えてしまうということがありません。

吸湿速乾などの機能を謳っている商品も多く、簡単にできる足汗対策としてはおすすめの方法です。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

足汗にはいろいろな原因がありますが、インナー靴下を履くことで、足汗対策としても効果が期待できます。

臭い対策としても効果があるため、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事