重曹歯磨きの効果と注意点!市販品は効果あるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯磨き

掃除やお菓子作りなど、様々な用途のある重曹。

その重曹ですが、実は歯磨きに使っても効果があるということをご存知でしょうか。

でも重曹を歯磨きに使うにはいろいろと注意点もあります。

そこで、重曹歯磨きの効果や注意点について調べてみました。

また、重曹歯磨きの市販品についても紹介しますよ。



【スポンサードリンク】


重曹歯磨きの効果は?

重曹は掃除などに使うと、シンクやコンロなどについた頑固な汚れも綺麗になるという特徴があるもの。

それと同じように、歯磨きの際に重曹を使うことで、歯が白く綺麗になるホワイトニング効果があるといわれています。

これは、重曹の研磨作用によるもの。

重曹歯磨きを使うことで、歯の表面の汚れを除去することができ、それがホワイトニングにつながるのです。

また、重曹歯磨きには虫歯を予防する効果もあります。

虫歯になってしまう原因の一つは、口の中が酸性状態になってしまうこと。

口の中が酸性になってしまうと、歯のミネラル分が溶け出す、脱灰という現象が発生します。

この現象が軽いうちであれば、再石灰化してまた元の歯の状態になりますが、酸性状態が続くと、歯が溶け出し続けてしまうのです。

しかし、重曹は弱アルカリ性のため、酸性になってしまった口の中を中和させることができます。

それによって再石灰化が促されるため、虫歯の予防となるのです。

虫歯予防に関しては、重曹歯磨きだけでなく、重曹を使ったうがいでも効果が得られます。



【スポンサードリンク】


重曹歯磨きを使う時の注意点は?

重曹歯磨きには、ホワイトニングや虫歯予防など様々な効果がありますが、使う場合には注意しなければならない点もあります。

それは、重曹の研磨作用によって、歯のエナメル質や歯茎が傷ついてしまう可能性があること。

歯のエナメル質は一度傷ついてしまうと元に戻ることはなく、ホワイトニングになるどころか、象牙質が現れて歯が黄色く見えてしまいます。

そのため、重曹歯磨きを使う際、歯や歯茎を傷つけないようにするには、次のようなことに注意しましょう。

・毎日使わず、1週間に1度程度にする

・柔らかい毛先の歯ブラシで軽く磨くようにし、あまり力を入れて磨かない

・重曹をそのままつける場合は少量にし、歯ブラシにつけすぎない

このような点に注意して、重曹歯磨きを活用する必要があります。

重曹歯磨きの市販品ってあるの?

歯の健康を保つために、いろいろな良い効果がある重曹歯磨き。

自宅で重曹を少し歯ブラシにつけたり、歯磨き粉に混ぜる方法を取ることもできますが、市販品もあります。

・歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ

重曹が含まれているだけでなく、天然塩やペパーミント精油などのナチュラル成分で作られた歯磨きで、重曹のパワーで着色汚れなどが取れやすくなっています。

自分で重曹を用意するのが面倒という人は、市販品を活用してみても良いかもしれませんね。



【スポンサードリンク】


重曹歯磨きの効果と注意点を紹介してきましたが、いかがでしたか?

重曹を使う場合には、注意しなければいけない点もありますが、上手に使うことで、歯の健康を保つこともできます。

他の歯磨きとも併用して、うまく活用できると良いですね。

関連記事