日本三大うどんの違いと特徴。五島・水沢・氷見うどんってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たまご

日本にはうどんが名産となっている地域が数多くあります。

日本三大うどんと呼ばれるものはいろいろな説がありますが、讃岐と稲庭以外の3つ目の候補として挙げられることが多いのが五島・水沢・氷見。

では五島・水沢・氷見の3つのうどんには、一体どのような違いがあるのでしょうか。

そこで、日本三大うどんの特徴と違いについて、紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


日本三大うどんとは?

日本三大うどんにどの地域のうどんを含めるか、という点についてはいろいろな説があります。

しかし、ほぼ確定とされているのが讃岐と稲庭の二つ。

この二つが入り、残りの一つがどのうどんになるかという点が違う場合が多いようです。

まず、この讃岐うどんと稲庭うどんの特徴を見ていきましょう。

讃岐うどんは香川県高松市や満濃市などを産地とするうどんで、太い切麺のうどん。

手打ちによる製法で足で踏みこむことから、シコシコとした食感が特徴のコシの強いうどんです。

そして、稲庭うどんは、秋田県稲川町が産地のうどんで、平べったいうどん。

打ち粉としてでんぷんを使用した手延べうどんで、中が中空になっていることなどから、滑らかな食感となっています。

そして、この残りの一つに挙げられるのが五島うどん、水沢うどん、氷見うどんの3つ。

では、これらのうどんにはどのような特徴があるのでしょうか。



【スポンサードリンク】


五島・水沢・氷見のうどんの特徴や違いとは?

五島うどんは、長崎県新上五島町が産地のうどん。

丸く細い形状が特徴で、ぷるんとした食感です。

他のうどんとの製造工程における一番の違いは、食用の椿油を使用するという点。

打ち粉を使って伸ばしていくのではなく、椿油を塗布しながら、日本の箸の間で引き伸ばすことで、細い紐状の麺を作っていきます。

五島産の椿油を使用することで、ほんのりと椿油の香りと独特の風味があります。

基本的な食べ方としては、釜揚げにし、醤油などのたれで食べる「地獄炊き」が有名です。

次に、水沢うどんですが、これは群馬県渋川市伊香保町水沢付近が産地で、水澤寺の参拝客に提供されたことが始まりとされています。

ところどころ透き通るような白い麺が特徴で、コシと弾力があります。

水沢うどんは冷たいざるうどんで、しょうゆだれやゴマだれなどで食べるのが一般的です。

最後に氷見うどんですが、富山県氷見市周辺で食されます。

輪島そうめんをルーツとしたうどんで、製造工程に特徴があります。

氷見うどんは手延べうどんに分類される作り方をしていますが、その途中で手打ちうどんのように手でこねたり足で踏んだりすることで、麺の弾力も出しているのです。

そのため、強いコシとつるんとしたのど越しが特徴となっています。

また、引き伸ばす際に通常使われる油を使わないことから、麺の旨みを感じやすいと言われています。



【スポンサードリンク】


日本三大うどんと呼ばれるうどんの特徴と違いを紹介してきましたが、いかがでしたか?

三つめのうどんとしては、五島・水沢・氷見の他にも、愛知県のきしめんなどが挙げられる場合もあります。

いろいろなうどんを食してみて、自分なりの日本三大うどんを見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事