重曹とベーキングパウダーの違い。代用は出来るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3

ケーキや蒸しパンなどに欠かせない材料の一つがベーキングパウダー。

ベーキングパウダーには、生地をふっくらさせる効果があるので、お菓子作りには良く使われます。

しかしこのようなお菓子を作るとき、材料がベーキングパウダーではなく重曹になっている場合もありますよね。

ではこの重曹とベーキングパウダー、どういった違いがあるのでしょうか。

そしてそれぞれ代用することはできるのか、その場合には、どのような点に注意すればよいのかも調べてみました。



【スポンサードリンク】


重曹とベーキングパウダーの違い

重曹には掃除用や食用など様々な種類がありますが、食用の重曹はベーキングソーダと呼ばれます。

もともと重曹には、水を加えて加熱することで、発泡して炭酸ガスを発生させる特徴があり、その特徴を利用して、様々なお菓子が作られているのです。

しかし、重曹を使うと生地に黄色っぽく色が着いてしまったり、使用量によっては、重曹の独特の匂いや苦味が出てしまう場合があります。

これを防ぐのがベーキングパウダー。

ベーキングソーダと名前も似ているのですが、それもそのはず、ベーキングパウダーには重曹が含まれているのです。

ベーキングパウダーとは、重曹に酒石酸やクエン酸、リン酸カルシウムなどを加えたもの。

ベーキングパウダーは重曹に様々な助剤を加えることで、少量の重曹でも発泡しやすくしたもののことを言います。

そのため、ベーキングパウダーを使うと、生地を膨らませる効果はそのままで、重曹の独特の匂いや苦味などを感じることなく、生地に色を付けることもなく使用することができるのです。

また、水と熱で膨らむという点はどちらも基本的には同じなのですが、その条件や膨らみ方にも少し違いがあります。

重曹は、水だけでは膨らまないため、必ず加熱することが必要ですが、ベーキングパウダーの場合、水だけでも膨らみ始めます。

そして、重曹を使用した場合は生地は横方向に、ベーキングパウダーを使用した場合は生地が縦方向に膨らむ傾向があるようです。



【スポンサードリンク】


代用する場合の注意点

重曹の特徴として、生地が黄色く色づき、独特の匂いや苦味があるということを挙げました。

ドラ焼きなどの色や味が濃いお菓子であれば、良い色づきになって重曹の方が良いという場合があります。

しかし、スポンジケーキや白い蒸しパンなど、色の薄い物やバターなどの風味がポイントとなるお菓子を作る場合には、重曹を使わない方が良いかもしれません。

このような理由から、基本的には和菓子系は重曹、洋菓子系はベーキングパウダーを使うのがおすすめですが、どうしても材料が揃わない場合は、それぞれ代用することも可能です。

その場合の注意点ですが、重曹をベーキングパウダーで代用する場合には2倍の量を、ベーキングパウダーを重曹で代用する場合には、1/2の量を使うようにしましょう。

基本的に、重曹はベーキングパウダーの2倍の効果があると覚えておけば間違いありません。

ただしあくまでも代用で、全く同じ仕上がりにはならないことは覚悟しておいてくださいね。



【スポンサードリンク】


重曹とベーキングパウダーの違い、お分かりいただけたでしょうか。

それぞれ特徴に合った使い方をするのが基本。

なるべく材料はしっかり用意して、お菓子作りができると良いですね。

関連記事