葛湯と片栗粉、葛根湯の違いとカロリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ティッシュ

だんだん背筋がぞくぞくする季節になりました。
ハークション!!
あれ?これは風邪?
そういえば鼻水も・・・。

風邪はひき始めが肝心です。
よく、おばあちゃんがネギを首に巻いて寝なさい。
生姜湯を飲みなさい。

といったものです。
こういった民間療法、実は本当に効き目あります。
今回は葛根湯とは何か?についてお話いたします。



【スポンサードリンク】


葛根湯って何?

葛根湯とは漢方薬の一種です。
7種類の生薬からなります。
発汗作用があり、痛みをやわらげるので風邪のひきはじめによいとされていますね。

以下が7種類です。

葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)

この中でわかるのは生姜くらいかなあ。
温まりそうですね。

実際に、胃をあたためてくれるので
満腹感もあり、健康食材としても注目されているようです。

その効果はたくさんあります♪



【スポンサードリンク】


葛根湯の効果はすごい!

体への効果はたくさんあるのです。
①血行促進
②代謝促進
③免疫機能促進
④自律神経の安定
⑤血圧安定
⑥解毒

などなど、風邪のひきはじめ?と思ったらまずは葛根湯
というのが古くからの常識のようです。

飲む時期というのが大切なようで
いまお話ししたように、「風邪のひきはじめ」で
絶大な威力を発揮します。

片栗粉との違いは何?

片栗粉はじゃがいものでんぷんの粉。
葛根湯は葛の根っこからとるでんぷん。
どちらも水に溶けるととろみが出ます。

くずもちなどを作る時はこの葛粉を使用しますね。

では片栗粉と葛粉のカロリーは違うのでしょうか?
実はどちらもおよそ100グラム340カロリー前後。
それほど変わりはありませんね。

上新粉や白玉粉に比べたら
カロリーは多少低いでしょう。

ただ葛粉のお値段は少々高め。片栗粉で代用といきたいところですが
元来片栗粉はとろみをつけるだけのもの。
代わりに使うのは難しいでしょう。

いろんな料理に変身するさまざまな粉の用途や
種類、栄養価を勉強するのは大事なことかもしれませんね。

さて、風邪がはやる季節になりました。
少しぶるっとしたら、葛根湯を飲みましょう。
生姜と一緒に飲めば体はぽかぽかです。

その前に夕飯は、
あんかけラーメンにしましょうか?
それとも
生姜と醤油の味がしっかり染み込んだ竜田揚げにしましょうか。

デザートは白玉ぜんざいはいかがでしょう。



【スポンサードリンク】


今夜は栄養満点。粉ものフルコースですね。
昔からの迷信だと軽んじている風習は
実は、本当に私たち民族の文化に根ざしたものです。

先祖が工夫をこらして健康のために開発した食べ物・飲み物。
その成分をあらためて勉強して、
薬ばかりに頼らない健康維持方法を探すのは大切なことですね。

ひどい風邪をひかないように、
よく食べよく寝て、予防に葛根湯を飲んでこの冬も
元気にのりきりましょう!

関連記事