温泉卵の賞味期限。自家製は保存期間が短い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
卵

温泉卵は白身までとろ~り美味しいですね。

温泉街に行かなくても食べたいからと、自家製温泉卵を作ってしまうこともあります。

温泉卵といえば、火を通しているものの、生に近いイメージ。

賞味期限は短そうなのでは…?と疑問がわきますね。

そこで今回は、温泉卵の賞味期限、自家製の場合はどうなのかについて見ていきましょう。



【スポンサードリンク】


市販の温泉卵の賞味期限は?賞味期限切れでも大丈夫?

市販の温泉卵の賞味期限は2週間程度あることが多いです。

比較的長いようにも感じられます。

市販の温泉卵は、65~75度のお湯の30分程度漬けて加熱して作られています。

サルモネラ菌はほとんど死滅します。

そのままの状態で放置しても、殻の中でサルモネラ菌が増殖することはなく、かなりの日数日持ちします。

とはいえ、生卵と比較して日持ちしないので、賞味期限が切れていたり、常温保存してしまっている場合は捨てるのが無難です。



【スポンサードリンク】


自家製の温泉卵の賞味期限は?

対する自家製の温泉卵の賞味期限は冷蔵保存で2~3日程度。

常温での保存はできません。

自家製の温泉卵は作り方もまちまち。

綺麗な工場ではなく自宅のキッチンでつくるので、衛生状態も市販品と比べて良くありません。

作っている間に卵にヒビが入ってしまうこともよくあります。

市販品の場合は選別されて出荷されませんが、家庭で作る場合はそのまま食べてしまうこと。

特に電子レンジを使って温泉卵を作る場合は、加熱時間が短く、サルモネラ菌が死滅しきっていないことも多いです。

更に卵を加熱してしまうことによって、菌から保護する成分が壊されてしまうので、生卵の状態よりも日持ちしなくなってしまいます。

殻を割ってしまった場合には、殻による保護がなくなるので、更に日持ちしなくなります。

よって、殻にヒビがはいっていたり、殻を割ってしまった場合には直ぐに食べるようにしましょう。

いずれにしても、常温で保存できないので、残念ながらお弁当に持っていくのは難しいですね。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか。

白身までとろーり美味しい温泉卵ですが、意外にも火を通していない生卵と比較すると日持ちしません。

どうしても温泉卵を食べたい時には、食べる直前に作るのがベストですね!

衛生面に気を付け、なるべく早めに食べるようにして、食中毒を防止しましょう!

生卵、ゆで卵の賞味期限については以下を参照して下さい。

生卵の賞味期限
ゆで卵の賞味期限

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事