一重でアイラインが見えない!この引き方でナチュラルメイクもバッチリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイメイク

「一重でアイラインが見えない…」
「アイラインが見えないから、頑張ってみたら舞台メイクみたいでおかしい…」

一重さんにとって、アイメイクでのお悩みは絶えないもの。

その中でも特に難しいのがアイラインの引き方。

一重でもしっかりデカ目に、でもナチュラルに見せたいもの。

アイラインは効果が薄いようでも、少しの引き方の差でぐっと印象が変わります。

でも雑誌に出てくるメイクのモデルさんは二重ばかりで、一重の方のメイクには参考になりませんよね。

そこで今回は、一重でアイラインを引くと見えない!なんてお悩みを解消する方法に加えて、ナチュラルメイクの方法をご紹介します。



【スポンサードリンク】


一重でアイラインが見えない時はラインを太めに。

一重だと、まぶたの肉でアイラインが埋もれてしまいます。

折角引いても、ほとんど効果がない…なんてことも。

そんな時には、アイラインを太めに引いてしまいましょう。

個人差はありますが、まぶたを閉じた状態で5mm位ひいてしまっても大丈夫です!

大事なのはまぶたを開いた時にしっかりとアイラインが見えているのを確認することです。

とはいえ、しっかり塗りすぎると舞台メイク見たいで不自然なことに。

そんな事態を避けるために使用するのはブラウンのペンシルライナー

一見一重にはしっかりとラインが出て滲みにくいブラックのリキッドアイライナーが良さそうですが、一重でリキッドアイライナーを引くと舞台メイクのような印象になりがちです。

ブラウンのペンシルアイライナーをふわっと太目に引くことで、ナチュラルにデカ目を演出できます。

黒目の上あたりを太めに、アーチ状に引くことで、二重のようなくりっとした目元になります。

ナチュラルに仕上げるポイントは「目尻を跳ね上げない」こと。

目のラインに沿ってさらっと流すことで、ナチュラルで大きな切れ長の目を作れます。

まつ毛になじむ位の長さまでしっかりと引きましょう。

それでもどうしてもアイライナーが見えない時は、下まぶたに引いて見ましょう。

下まぶた全体に引いてしまうと一昔前の囲み目メイクになってしまいます。

目尻から黒目の中心まで、しっかりと引いてみて下さい。



【スポンサードリンク】


ブラウンのアイシャドウでダブルラインを!

アイラインを引いた少し上あたりに、ブラウンのアイシャドウで濃い線を引いてぼかすことで、ダブルラインを作りましょう。

遠目に見ると、二重のような目の大きさに見えます。

近くで見ても不自然にならないようにぼかすのがポイントです。

少しダブルラインを強調してデカ目にしたい時には、アイシャドウではなくてペンシルライナーを利用してみて下さい!

ピンクのアイシャドウは下まぶたに!

可愛い可愛いピンクのアイシャドウ。

ところが一重さんがピンクのアイシャドウをすると、目が腫れぼったく見え、余計小さくなってしまいます。

どうしてもピンクのアイシャドウを使いたい場合には、淡いピンクのアイシャドウを下まぶたにたっぷり塗り、上まぶたはブラウンのアイシャドウでしっかりと締めましょう。

ピンクの可愛らしい印象を取り入れながらも、涙袋メイクで目の縦幅を大きく見せることができます。

加えて下まぶたの目尻から1/3程度、ブラウンのアイシャドウをぼかすように入れることで、優しげなたれ目を演出することができます。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか。

一重まぶただとメイクの悩みが沢山ありますね。

だからこそ色々と試行錯誤して工夫する楽しみがあるということでもあります!

メイクを悩みの時間ではなくて、楽しみの時間に変えていきましょう!

少しでもお役に立てば幸いです。

関連記事