卵の賞味期限切れいつまで食べられるの?半熟でも大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たまご

卵って10個入りパックで売っていることが多いので、賞味期限切れになってしまうことが多いですよね。

一人暮らしだと猶更、一人で賞味期限内に全ての卵を使うのは難しいですよね。

かといって、捨ててしまうのも正直もったいないな…なんて思いながらも、今まで賞味期限切れの卵を捨てていました。

ところが卵は賞味期限が切れていても食べれる食品だそうです!

そこで今回は、賞味期限切れの卵がいつまで食べられるのか、半熟卵の場合はどうなのかをご紹介します!



【スポンサードリンク】


卵の賞味期限切れはいつまで食べても大丈夫?

実は卵の賞味期限は「生食でいつまで食べられるか」を基準に定められています。

英国のハンフリー博士の研究結果では、サルモネラ菌の繁殖状況から以下のように食べられる期間が算出されています。

・夏 採卵後16日
・春秋 採卵後25日
・冬 採卵後57日

ところが実際の賞味期限は、量販店と卵のバイヤーの間で決められていることが多く、年間を通して10~14日以内に定められていることがほとんどです。

実際に冬場に57日持つからといって、賞味期限を長く設定したら、売れなくなってしまうのでしょうね。

つまり、賞味期限切れの卵は
・夏場は賞味期限ぴったり
・春秋は賞味期限+10日程度
・冬場は賞味期限+40日程度
食べることが出来ます。

ただし、時間が経つにつれてサルモネラ菌が増えていることには変わりありません。
賞味期限切れの卵を食べる時は自己責任で!

特に小さなお子さんや高齢の方は食中毒を引き起こすと重症化しやすいので、避けるのが無難です。



【スポンサードリンク】


卵の賞味期限切れの安全な食べ方!半熟は大丈夫?

卵の賞味期限は「生食でいつまで食べられるか」を基準に定められているので、賞味期限が切れた場合は加熱して食べれば問題ありません。
火を通すことによって、サルモネラ菌が死滅します。

卵焼きや目玉焼き、茹で卵、卵スープ、ケーキ、チャーハン等火を通す料理にして食べましょう。

では、加熱した場合はどれくらいまで食べても問題ないかということですが、大体購入から1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。
不安な場合は、料理に入れる前に実際に卵を割って状態を確認しましょう。

変なにおいがしたり、黄身が崩れていたり、白身が変色している場合には捨てましょう。

ただし火を通したからといって、半熟の状態は注意が必要です。
半熟の状態では全体に火が通っておらず、生の部分のサルモネラ菌が生きている場合があります。

とろとろ卵の半熟を味わいたい時には、新鮮な卵を利用しましょう。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか。

いままで賞味期限切れの卵を捨てていた方が多いのではないでしょうか。

卵は意外と長持ちする食材です。

捨てる量を減らして、節約に努めたいですね!

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事